野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 批判跳ねのけた大谷翔平 V弾の同僚も感嘆「特別な才能に疑いの余地はない」

批判跳ねのけた大谷翔平 V弾の同僚も感嘆「特別な才能に疑いの余地はない」

エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)の本拠地インディアンス戦で2戦連発となる同点2ランを放った。5打数2安打2打点の活躍でチームの3-2の勝利に貢献した23歳の二刀流について、この日延長13回に自身初のサヨナラ本塁打を放ったザック・コザート内野手は「我々の持ち得ない特別な才能」と称賛している。

インディアンス戦で2戦連発となる同点2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
インディアンス戦で2戦連発となる同点2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

サヨナラ弾のコザート、同点弾の大谷を称賛「感銘的な才能だ」

 エンゼルスの大谷翔平が4日(日本時間5日)の本拠地インディアンス戦で2戦連発となる同点2ランを放った。5打数2安打2打点の活躍でチームの3-2の勝利に貢献した23歳の二刀流について、この日延長13回に自身初のサヨナラ本塁打を放ったザック・コザート内野手は「我々の持ち得ない特別な才能」と称賛している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昨オフにレッズからFAとなり、3年総額3800ドル(約41億円)でエンゼルスにやってきた男が大仕事をやってのけた。観客の大半がすでにスタンドを後にした延長13回1死走者なしの場面。コザートはフルカウントから真ん中高めのファストボールを強振すると、キャリア初のサヨナラ弾がレフトスタンドに突き刺さった。

 あまりに劇的な瞬間。ホームベースに戻ってきた殊勲者を待ち受けていたのはチームメートの手荒い祝福だった。コザートはもみくちゃにされながら、12試合連敗中だった強豪インディアンス相手に2連勝をもぎ取った喜びを爆発させた。

「自分の気持ちはとにかくトラウトの前で出塁することだった。(カウント)3-2になって、少し落ち着くことができたのかもしれないね。ファストボールを狙った。高めのボールだった。まだ早いけれど、どのシリーズも勝利できている。この3連戦を制したことは大きい。この調子でいきたいよね」

 アスレチックスとの開幕シリーズに続き、インディアンス相手にも勝ち越しに成功。5勝2敗とし、6勝1敗でア・リーグ西地区首位に立つ昨季ワールドシリーズ王者アストロズを猛追している。

 メジャー8年目にして初のサヨナラ弾を放ったコザートを本塁上で待ち受けた喜びの輪の中には5回にサイ・ヤング勝右腕コーリー・クルーバーから同点2ランを放った大谷の姿もあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」