野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4209日ぶり1軍先発の松坂大輔、5回3失点の投球内容を巡る周囲の評価

2018年4月5日。中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームは、熱気に包まれていた。今季からドラゴンズブルーのユニホームに袖を通した松坂大輔投手の初登板初先発。「平成の怪物」と呼ばれ、数々の実績と名声を残してきた松坂にとって、4209日ぶりとなる1軍公式戦での先発となった。

近藤投手コーチは“前進”と評価「それなりに粘って投げてくれた」

 粘投しながら初先発を無事に投げ終え、ある程度ゲームを作った内容を評価する声もあった。近藤真市投手コーチは「それなりに粘って投げてくれた。本人なりに1軍で投げるのは久しぶりで、その中で良かった点、悪かった点は分かっているでしょう。それを本人がどう生かすか。こちらからアレコレ言うレベルの選手じゃないので。とりあえずは投げられたので(よかった)」と語り、第1段階として1軍の舞台で投げられたことを前進と捉えた。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 では、この日のボール自体はどうだったのか。松坂自身は「いいボール、悪いボール両方ありますけど、全体的にそんなに悪くなかったと思います」と振り返っていた。右腕のボールを受けた大野奨太捕手は「ボール自体は良かったと思います。一通りすべてのボールを使いましたし、その中で投げていくスタイルでやっている。粘っていましたし、走者を出しても、ここというところでああいう投球ができるのはさすがですね。苦しい中でも試合を作ってくれたと思います。(リードとしては)いいもの、いいボールを選択して、有利なカウントで持っていけることを意識して、それに応えてくれたところはあります」と話し、ベテランならではの投球術に手応えを感じたようだ。

 復活への第1歩を記した松坂は、登板間隔を空けるために今日6日に出場選手登録を抹消される予定だ。次回の登板について、森監督は「明日(登録を)抹消します。この6日間の間に投げられる状態になるのかというのを見て、次のことを考えてそこから決めます」と話し、今後、松坂の右肩が中6日のローテに耐えられる状態であるならば、ローテに入ってくる可能性も示唆した。

 大きな注目を集めた移籍後初登板は、復活に向けた確かな光を感じさせた。次なる段階に向けた大きな1歩となるはずだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」