野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4209日ぶり1軍先発の松坂大輔、5回3失点の投球内容を巡る周囲の評価

2018年4月5日。中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームは、熱気に包まれていた。今季からドラゴンズブルーのユニホームに袖を通した松坂大輔投手の初登板初先発。「平成の怪物」と呼ばれ、数々の実績と名声を残してきた松坂にとって、4209日ぶりとなる1軍公式戦での先発となった。

中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

森監督は開口一番「そう簡単にいかれたんじゃ困る」

 2018年4月5日。中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームは、熱気に包まれていた。今季からドラゴンズブルーのユニホームに袖を通した松坂大輔投手の初登板初先発。「平成の怪物」と呼ばれ、数々の実績と名声を残してきた松坂にとって、4209日ぶりとなる1軍公式戦での先発となった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 結果は5回96球を投げて8安打3失点。たびたび先頭打者を出塁させる苦しい投球ではあったものの、そこはかつてWBC2大会連続MVPに輝いた投手。ここ一番で勝負強い投球を発揮し、要所要所で粘りを見せた。味方の失策もあって自責点は2。1年半ぶりの1軍登板だったことを考えれば、第1歩としてはまずまずの投球だったのではないだろうか。

 試合後、松坂自身は「勝ちにつなげられなかった悔しさしかないですね」と1軍で先発機会を得た感慨など微塵も見せず、勝てなかったことへの悔しさを露わにした。久々の1軍公式戦で悔しさを滲ませた松坂を、果たして周囲はどう見たのだろうか。

 1月の入団テストで松坂獲得にゴーサインを出した森繁和監督は試合後、開口一番に「そう簡単にはいかないでしょ、と。そう簡単いかれたんじゃ困る。苦しんで苦しんでというのは当然あるでしょう」と話し、この日の右腕の投球を受け止めた。ある程度の苦戦は想定内だったということだろう。

 この日は打ち取った当たりが野手の間に飛んで内野安打となったり、味方野手の失策で点を失うなどの不運もあった。ただ、エラーもあれば味方のファインプレーで救われることもあるのが野球。指揮官は「味方の方が足を引っ張ったりしちゃうと、こういうゲームになってしまう。したくてやるわけじゃないんだけどね、今日は大輔が投げることで野手の方が硬くなってしまったかなっていうのはある。やっちゃいけないことをやっちゃう。昨日の巨人と一緒で、ウチも相手に喜ばれることはしちゃいけないと思う」と言いつつも、「そういうのは野球には付き物ですよ。しようと思ってしているわけじゃない」と野球の難しさを口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」