野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

驚異の奪三振率で1000奪三振達成 楽天エース則本が見せる投球の進化

楽天の則本昂大は、4月6日のソフトバンク戦で内川聖一から空振り三振を奪い、1000奪三振を達成した。プロ野球史上147人目。珍しい記録ではないが、その中身はずば抜けている。

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

初奪三振は2013年3月29日ソフトバンクのラヘアから

 楽天の則本昂大は、4月6日のソフトバンク戦で内川聖一から空振り三振を奪い、1000奪三振を達成した。プロ野球史上147人目。珍しい記録ではないが、その中身はずば抜けている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 則本は三重中京大から2012年ドラフト2位で楽天に入団。2013年、新人でいきなり開幕投手に指名される。この年は第3回WBCがあり、これに出場した楽天のエース田中将大の疲労を考えてのことではあった。
しかし、則本は春季キャンプで5試合(25回)に投げて3勝0敗、14安打22奪三振、自責点4で防御率1.44とチーム一の成績を挙げていた。この実績もあっての抜擢だった。

 2013年開幕戦だった3月29日ソフトバンク戦(福岡ヤフオクドーム)で、則本は2回裏にブライアン・ラヘアからプロ入り初の三振を奪う。則本は7回途中で降板し、自責点4で敗戦投手になるが、以後ローテーションに定着した。

 この年は田中将大が24勝0敗という空前の成績を残す一方、則本も15勝8敗、防御率3.34で新人王を獲得。チームの初優勝、日本一に大きく貢献した。

 ここから、わずか6シーズン目での1000奪三振。特筆すべきは、その奪三振率の高さだ。

 147人いる1000奪三振投手のK9(9イニングあたりの奪三振数)を見てみよう。10傑は下記の通りだ。※は現役。

1藤川球児11.61(812.2回1056奪三振)※
2野茂英雄10.28(1051.1回1204奪三振)
3則本昂大9.39(963回1005奪三振)※
4杉内俊哉9.27(2091.1回2156奪三振)※
5伊良部秀輝8.95(1286.1回1282奪三振)
6ダルビッシュ有8.84(1268.1回1250奪三振)※MLB
7石井一久8.83(2153.1回2115奪三振)
8松坂大輔8.66(1408.2回1362奪三振)※
9田中将大8.47(1315回1238奪三振)※MLB
10メッセンジャー8.43(1368.2回1287奪三振)※

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」