野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

苦しみあがる姿を見届けること―― 元鷹・斉藤氏が考える松坂大輔への敬意

松坂大輔がマウンドに帰ってきた。敗戦投手にはなったが、今後に期待をもたせるには十分な内容に思える。自身、同じような苦しみを味わった元ソフトバンクの斉藤和巳氏は、今の松坂をどう見ているのだろうか。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

自身も怪我に苦しんだ斉藤氏が見た1軍復帰の松坂

 松坂大輔がマウンドに帰ってきた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 敗戦投手にはなったが、今後に期待をもたせるには十分な内容に思える。自身、同じような苦しみを味わった元ソフトバンクの斉藤和巳氏は、今の松坂をどう見ているのだろうか。

「勝ちにつなげられず、悔しさしかない」

 4月6日、ナゴヤドームでの巨人戦で、松坂はNPB復帰後の初登板を飾った。5回96球を投げて3失点で敗戦投手。試合終了後の第一声は、投手として誰もが感じる、当たり前の強い気持ちだった。3四球を与えるなど球数の多さは、以前同様の悪癖が出た形。しかしながら、ソフトバンク時代は故障により3年間で1試合の登板だったことを考えれば、大きな一歩だった。

「走者を出してもホームに帰さないことだけを考えたが、それができなかった。先頭打者を出して球数が多くなってしまったことが反省です」

 このコメントは日米を通じて何度も聞いた覚えがある。

 試合前、中日の練習を最後まで思案深げに見入っていたのが斉藤氏だった。

「ダイスケのことはやっぱり気になってしょうがない。状況などは異なるけど、僕もずっと投げられなかった。投手にとって、それが一番ツライことは言うまでもない。ダイスケは高校時代から飛び抜けていて、注目もすごかった。それがこういう状況になっている。いろいろな声も本人には聞こえているだろうしね」

 斉藤氏は06年に投手5冠を達成した大投手。沢村賞を2度獲得するなどソフトバンクの大エースとして活躍するも肩を故障。回復を目指し、最後はリハビリ担当コーチの肩書きで復帰の道を模索したが叶わなかった。ある意味、松坂の気持ちを最も推し量れる人物ではなかろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」