野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ロッキーズ主砲が大激怒で衝撃の大乱闘 パドレス右腕に右フック、結末は…

ロッキーズ主砲が大激怒で衝撃の大乱闘 パドレス右腕に右フック、結末は…

牧田和久投手が所属するパドレスが11日(日本時間12日)の敵地ロッキーズ戦で両軍計5人の退場者を出す大乱闘を演じた。

大乱闘を引き起こしたロッキーズのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】
大乱闘を引き起こしたロッキーズのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】

ロッキーズ主砲アレナドが相手投手の投球に大激怒

 牧田和久投手が所属するパドレスが11日(日本時間12日)の敵地ロッキーズ戦で両軍計5人の退場者を出す大乱闘を演じた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 0-0の同点の3回、快晴のクアーズ・フィールドでゴングが鳴り響いた。怒りの火がついたのは先頭のロッキーズ主砲アレナド。パドレス先発右腕ペルドモの初球の96マイル(約154キロ)のファストボールが自分の背中スレスレを通過する大暴投に。これに激怒したアレナドはヘルメットを地面に叩きつけながら、マウンドに猛ダッシュ。ペルドモは突進するアレナドにグラブを投げ付けて応戦。身構えながらバックステップする右腕に、スラッガーは渾身の右フックを見舞うと、両軍のダグアウトから選手とスタッフが一斉に飛び出した。

 パドレスのコーチらがアレナドの制止を試みたが収まらず。パドレスのA.J.エリス捕手にも突進しようとして周囲に抑えられた。

 結局、ロッキーズはアレナドに加え、左翼パーラ、先発右腕マルケス、パドレスはペルドモ、エリスのバッテリーが退場処分を言い渡された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」