野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地元紙記者に聞く大谷翔平の衝撃…「ロスNO1のスターになってもおかしくない」

デビュー以来見せる連日の活躍でメジャーを席巻するエンゼルスの大谷翔平選手。投手としては2戦2勝、打者としては3戦連続アーチ&4戦連続打点など驚異のパフォーマンスを披露し続けている。ベーブ・ルース以来、約100年ぶりの本格派“二刀流”選手の登場にファンは大いに盛り上がりを見せているが、米メディアは大谷のパフォーマンスをどう見ているのか。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「野球を全然知らない人でもスゴイと分かる」

 デビュー以来見せる連日の活躍でメジャーを席巻するエンゼルスの大谷翔平選手。投手としては2戦2勝、打者としては3戦連続アーチ&4戦連続打点など驚異のパフォーマンスを披露し続けている。ベーブ・ルース以来、約100年ぶりの本格派“二刀流”選手の登場にファンは大いに盛り上がりを見せているが、米メディアは大谷のパフォーマンスをどう見ているのか。昨年来日し、日本ハム時代の大谷を取材した地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」の米コラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏に聞いた。

――ここまでの大谷のパフォーマンスに対する率直な感想を。

「去年日本で見た時と同じような印象ですね。とにかくアスリートとして格が違う。そこがすごく目立ちますよね。あんなに軽くバットを振って打球を飛ばす選手はいないし、あんなに力まないで投げて、簡単に98、99マイル(約158、159キロ)出る選手もいない。あれだけの体格であんなに走れる選手も、メジャーにいないと思う。とにかく持ってる素材そのものが他の選手と違う気がします。その上で、日本流の練習を長年重ねてきた結果が見える。投球フォームもきれいだし、スイングもきれいですよね」

――投打に苦戦を強いられたオープン戦から活躍は予感していたそうですね。

「実はマット・ケンプ(ドジャース)のことが頭をよぎったんです。ケンプは高校を卒業するまで主にバスケをプレーしていて、ドジャースには素材のよさだけでドラフトされたような選手。野球の基礎もあまり知らないままメジャーデビューして、結局3、4年後にはトップレベルと言われるようになった。大谷はケンプのような素材を持ちながら、頭もよくて頑張り屋です。キャンプの時から成功すると思っていました。ただ、まさかシーズン最初の10日間でここまで活躍すると思わなかったのでビックリしましたね」

――今、LAのプロスポーツ界にはスターがいない。

「(NBAレイカーズの)コービー(・ブライアント)が引退した後、スターはいません。カーショーもトラウトもトップ選手だけど、あまり多くを話さないし、感情を表に出さない。ある意味、大谷もそうかもしれませんが、やっぱり投げる打つを両方やるのはスゴイ。今、一番ロスで話題になっているスポーツ選手じゃないですか。

 気が付いたのは、最初のホームランを打った後、球場の雰囲気が変わったことです。それをできる選手って、あまりいないですよね。トラウトもプレーのインパクトはあったけど、観客の興奮レベルを変えられる選手ではない。最後に見たのは、メジャー昇格したばかりのプイグ(ドジャース)。その前はマニー(ラミレス)ですね。大谷は打席に入る時に名前を呼ばれただけで盛り上がる。だから、活躍すればロスNO1のスターになってもおかしくないと思います。野球を全然知らない人でも、スゴイというのがすぐ分かる。そこがスゴイですよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」