野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、「何でもできる」才能に感嘆の声 米解説「走塁を見てください」

大谷翔平、「何でもできる」才能に感嘆の声 米解説「走塁を見てください」

エンゼルスの大谷翔平がまたも快音を残した。12日(日本時間13日)の敵地ロイヤルズ戦。「8番・DH」で2試合連続でスタメン出場すると、7回2死満塁で走者一掃の三塁打を記録。メジャー自身初の三塁打で7-1の勝利に貢献した。この日の打撃には米メディアからも称賛の声が相次いだ。

ロイヤルズ戦でメジャー自身初の三塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦でメジャー自身初の三塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

止まらない打者・大谷、満塁好機で自身初三塁打

 エンゼルスの大谷翔平がまたも快音を残した。12日(日本時間13日)の敵地ロイヤルズ戦。「8番・DH」で2試合連続でスタメン出場すると、7回2死満塁で走者一掃の三塁打を記録。メジャー自身初の三塁打で7-1の勝利に貢献した。この日の打撃には米メディアからも称賛の声が相次いだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日は最初の2打席で凡退したが、1点リードの6回2死二塁で回ってきた第3打席で初の申告敬遠を経験。そして3点をリードした直後の7回2死満塁の場面では救援右腕マウアーの96.7マイル(約156キロ)の速球を捉え、右中間へダメ押しの3点三塁打を記録した。

 9回の第5打席は三ゴロに倒れたが、4打数1安打1四球3打点の活躍でチームの5連勝に貢献。大谷はこの日でトラウトと並びチームトップタイの11打点となり、打率は.346となった。

 前日の試合では先制タイムリーを放っており、これで野手スタメン試合で6試合連続安打。打撃面でも輝きを放っている23歳には現地でも称賛の声が上がっており、この日、エンゼルスの地元ロサンゼルスで試合を中継した「FOXスポーツ」では、解説を務めた132勝投手マーク・グビザー氏が「面白い場面でしたね。かつて、ここカンザスシティーで何度も見た外野手を思い出しますね。ウィリー・ウィルソンの姿です!」とコメント。「(走塁は)素晴らしいストライドでした! ショウヘイ・オオタニがメジャーリーグ初三塁打を記録、それも3打点となる三塁打です!」とその走力にも賛辞を送った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」