野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “愛されキャラ”の大谷翔平、同僚のインタビューでカメラの前を平然と通過!?

“愛されキャラ”の大谷翔平、同僚のインタビューでカメラの前を平然と通過!?

エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)の敵地ロイヤルズ戦で4打数2安打1得点と活躍し、5-4での逆転勝利に大きく貢献した。2回に二塁打を放つと、1点を追う8回にはチャンスを広げる中前打。その後、勝ち越しのホームを踏んだ。試合後には、この日、大活躍したイアン・キンズラー内野手が地元テレビ局のインタビューを受けているにも関わらず、カメラの前を堂々と通過。同僚からグラブで背中を叩かれる様子も放映され、その“愛されキャラ”ぶりが改めて話題となっている。

4打数2安打1得点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
4打数2安打1得点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

逆転勝利に貢献の大谷、大活躍キンズラーのインタビューを「電撃訪問」で話題

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)の敵地ロイヤルズ戦で4打数2安打1得点と活躍し、5-4での逆転勝利に大きく貢献した。2回に二塁打を放つと、1点を追う8回にはチャンスを広げる中前打。その後、勝ち越しのホームを踏んだ。試合後には、この日、大活躍したイアン・キンズラー内野手が地元テレビ局のインタビューを受けているにも関わらず、カメラの前を堂々と通過。同僚からグラブで背中を叩かれる様子も放映され、その“愛されキャラ”ぶりが改めて話題となっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 またしても勝利を呼び込む活躍を見せた。2回に先発右腕ハメルの内角への直球をレフト線に運び、自身メジャー初の二塁打を記録していた大谷。エンゼルスはその後、主砲プホルスが3打点を挙げながらも、3-4と1点ビハインドで8回に突入していた。

 しかし、5連勝中のチームはここで試合をひっくり返す。先頭のコザートがヒットで出塁すると、続く大谷は右腕グリムに速球2球で追い込まれながら、2球連続でボールを選ぶ。そして、5球目の低めへの83マイル(約134キロ)のカーブをセンター前にはじき返す技ありの中前打。チャンスを広げ、代打バルブエナの同点打、そして自らが勝ち越しのホームを踏んだキンズラーの犠飛へとつなげた。

 6連勝で12勝3敗とスタートダッシュに成功し、昨季世界一のアストロズを抑えて地区首位を走るエンゼルス。その原動力となっている打線にさらに厚みを加えているのが、故障者リスト(DL)から復帰したばかりの今季新加入キンズラーだ。この日は決勝犠飛に加えて3安打2盗塁2得点と存在感を見せつけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」