野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、20日Rソックス戦は「DH」可能 指揮官明言「スイングは問題ない」

大谷、20日Rソックス戦は「DH」可能 指揮官明言「スイングは問題ない」

メジャー3試合目の登板にして初黒星を喫したエンゼルス大谷翔平。ア・リーグ東地区首位のレッドソックス相手に先発した17日(日本時間18日)の一戦では右手中指のマメも影響し、2回3失点で降板。チームも1-10と大敗した。マイク・ソーシア監督は18日(同19日)のレッドソックス戦前に取材に応じ、19日(同20日)の同試合はDHとして出場できる見通しを語った。

不安一蹴「彼は勝つチャンスを与えてくれると思う」

――スプリットを投げたことによる影響か? もしそうならスプリットを減らすのか?

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「最初の2度の登板で彼はスプリットをたくさん投げていたけど、その時は問題はなかったんだ。昨日になって問題が生じたんだ。これから(状態を)判断していくよ。彼は特に心配していないし、医療チームも彼の状態をしっかり注視していくよ。ブルペンで投げてみて、それを踏まえて色々考えていくよ」

――明日のDHの出場に関してマメの影響は?

「バットをスイングするには問題はないよ」

――100%でない状態で投げることに不安を感じる?

「おそらく30%の投手は、100%の状態で登板してはいないと思う。投手は毎回100%の状態で投げることはないと思うよ。ショウヘイは、怪我をしてスローダウンした時以外は、日本で効果的な先発投手としてプレーしていたんだ。彼は勝つチャンスを与えてくれると思う」

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」