野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

昇格直後に“救世主”に 中日モヤが語る適応の理由と日本生活の苦労話

5連敗中だった竜の救世主となった。20日、本拠地のナゴヤドームで行われた広島戦。最近、低調だった中日打線に勢いをもたらしたのは、この日1軍に初昇格したばかりのスティーブン・モヤ外野手であった。

1軍昇格即スタメンで結果を残した中日・モヤ【写真:荒川祐史】
1軍昇格即スタメンで結果を残した中日・モヤ【写真:荒川祐史】

20日の広島戦で「4番・一塁」で先発し、早速4安打の大活躍

 5連敗中だった竜の救世主となった。20日、本拠地のナゴヤドームで行われた広島戦。最近、低調だった中日打線に勢いをもたらしたのは、この日1軍に初昇格したばかりのスティーブン・モヤ外野手であった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米国市民権の取得手続きのために渡米したダヤン・ビシエド内野手の代役として出場選手登録されたモヤ。ウエスタンリーグで打率.377の好成績を残し、この日チームに合流。いきなりスタメン、開幕後に初めて守ったという一塁手で、しかも4番に座った。

 同点で迎えた3回1死一、二塁での第2打席でバットを折りながらも右前へ。来日初安打が勝ち越しの適時打となり、初打点をあげた。5回無死一塁では右翼越えの二塁打を放ってチャンスを拡大し、4点目のお膳立てをした。さらにここから、救世主“モヤさま”の輝きは増した。

 先発の小笠原が崩れて5点を失い、逆転されて迎えた7回の攻撃。1死で打席に入ると、広島2番手の中田から左中間を破る二塁打を放って出塁。2死二塁となってから、高橋、福田、代打・藤井、代打・亀澤、大島、京田と怒涛の6連打で逆転。さらにこの回2度目の打席で、助っ人は左前に2点適時打を放ち、鯉にトドメを刺した。

 来日初昇格初先発で初安打初打点を含む4安打3打点。初の猛打賞で、お立ち台にも上がった。「神様が全てはコントロールしてくれている。やるべきことをやるというのを心がけて、しっかり準備をしてきた。ファームに行くことが決まった日、やれることをやって、あとは全て神様に任せようと思って、それでリラックス出来るようになったのが大きかったね」。開幕1軍から漏れてファームに行っても、真面目に、落ち着いてプレーに取り組んできた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」