野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • 平野佳寿、「相棒」はメキシコ人右腕!? 地元紙が特集、2つの言語で“会話”も

平野佳寿、「相棒」はメキシコ人右腕!? 地元紙が特集、2つの言語で“会話”も

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手はメジャー1年目の今季、19試合に登板して2勝0敗8ホールド、防御率2.50と好投を続けている。4月30日(日本時間1日)のドジャース戦、5日(同6日)のアストロズ戦と2試合連続で失点を喫したが、その後は4試合連続無失点と立て直した。

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

1年目からセットアッパーとして活躍、好調Dバックスでキーマンの一人に

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手はメジャー1年目の今季、19試合に登板して2勝0敗8ホールド、防御率2.50と好投を続けている。4月30日(日本時間1日)のドジャース戦、5日(同6日)のアストロズ戦と2試合連続で失点を喫したが、その後は4試合連続無失点と立て直した。12日(同13日)の本拠地ナショナルズ戦も1点ビハインドの8回に登板し、1回無安打無失点と好投している。地元紙「アリゾナ・セントラル」は先日、ナ・リーグ最高勝率を誇るダイヤモンドバックスの救援陣を称える特集記事を掲載したが、その中で、平野がチームに溶け込んでいる様子を伝えた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 平野は4月28日(同29日)のナショナルズ戦まで6試合連続無失点と好投を続け、防御率も1.46まで向上していたが、30日のドジャース戦では3点リードの場面でマンシーにソロ本塁打を被弾。さらに、今月5日のアストロズ戦では同点の8回にマッキャンに同点の2点タイムリーを浴び、2試合連続失点を喫した。34歳のルーキー右腕にやや疲れが出始めたかと思われたが、その後は3試合連続無失点と“復調”。セットアッパーとして、開幕からブルペンを支え続けている。

 地元紙「アリゾナ・セントラル」は「ダイヤモンドバックスの好調なブルペンは無名投手たちによって支えられている」と題した特集記事を掲載。2015年のロイヤルズが安定感抜群のブルペンを誇り、世界一に輝いたことに言及しつつ、当時在籍していた現ダイヤモンドバックスのダイソンが「どこもブルペン強化に力を入れている。そのトレンドのきっかけはロイヤルズだろうね」と話していることを紹介。近年のメジャーでは、確かに救援陣の存在が鍵となっている。

 そして、今季のダイヤモンドバックスの強さを支えているのは「バーゲン価格的」な投手たちを集めたブルペンであると指摘。トーリ・ロブロ監督は記事の中で、アーチー・ブラッドリー、ブラッド・ボックスバーガーの2人を「特別な存在」と絶賛しつつ、「その他にも(5人)いる。彼らもまた良い働きをしてくれている」と評価。5人とは、デラロサ、チェイフィン、平野、サラス、マクファーランドのことで、同紙は「彼らはファンには馴染みがないかもしれないが、対戦相手たちは非常に警戒している」と伝えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」