野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の177キロ二塁打、米専門家は中堅手に“同情”「1歩目で悟ったのでは?」

大谷の177キロ二塁打、米専門家は中堅手に“同情”「1歩目で悟ったのでは?」

18日(日本時間19日)の本拠地レイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手。第1打席で痛烈な二塁打を放ち、3打数1安打1四球だった。エンゼルスOBは大谷の適応力を称える一方で、フェンス際に陣取りながらもキャッチできなかったレイズの中堅手スミスについて、「1歩目で間に合わないと悟ったのでは」と指摘。

痛烈な二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
痛烈な二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

センター左への痛烈なツーベース、専門家は「修正力」も改めて称賛

 18日(日本時間19日)の本拠地レイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手。第1打席で痛烈な二塁打を放ち、3打数1安打1四球だった。エンゼルスOBは大谷の適応力を称える一方で、フェンス際に陣取りながらもキャッチできなかったレイズの中堅手スミスについて、「1歩目で間に合わないと悟ったのでは」と指摘。大谷のあまりの打球スピードに、相手中堅手を“同情”している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大谷のバットから痛烈な打球が放たれたのは、0-1で迎えた2回の第1打席だった。フルカウントから先発左腕スネルの7球目の97マイル(約156キロ)直球を捉え、センター左に弾丸ライナーを放った。エンゼルス打線は低調で、3-8で敗れて4連敗を喫したが、この一打は強烈な印象を残した。

 地元ロサンゼルスで試合を中継をしているテレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」の解説者で、現役時代にメジャー通算132勝を挙げたマーク・グビザ氏は、この二塁打について称賛の言葉を並べた。

「彼に関しては打席での修正力について話をしてきましたが、相当強烈な当たりを逆方向に放ちました。カウント3-2から(今季)5本目の二塁打です。97マイルのファストボールでしたが、直前の98マイルのファストボールとほとんど同じ場所でした」

 左腕スネルは、ボールとなった6球目の外角高めの98マイル(約158キロ)とほぼ変わらないコースに156キロの速球を投げ込んだ。そして、直前にほぼ同じコースの球を見ていた大谷は、これを見逃すことはしなかった。中堅スミスは、センター方向に強烈な打球を跳ね返し続ける大谷への対策のためか、フェンス寄りの深い位置で守っていた。しかし、間に合わず。打球は頭上を越えて二塁打となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」