野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、驚異走塁で初の“マルチ二塁打” 米実況驚嘆「並外れた速さ」

大谷翔平、驚異走塁で初の“マルチ二塁打” 米実況驚嘆「並外れた速さ」

24日(日本時間25日)の敵地ブルージェイズ戦で自身メジャー初の“マルチ二塁打”を放ったエンゼルス大谷翔平投手。「5番・DH」で3試合連続でスタメン出場すると、第2打席で左中間を破る二塁打を記録。さらに9回表には投手強襲の打球がセンターへ抜ける間に一気に二塁に到達した。その並外れたスピードを米専門家も称賛している。

2本の二塁打を放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
2本の二塁打を放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷、自身メジャー初の“マルチ二塁打”で勝利貢献

 24日(日本時間25日)の敵地ブルージェイズ戦で自身メジャー初の“マルチ二塁打”を放ったエンゼルス大谷翔平投手。「5番・DH」で3試合連続でスタメン出場すると、第2打席で左中間を破る二塁打を記録。さらに9回表には投手強襲の打球がセンターへ抜ける間に一気に二塁に到達した。その並外れたスピードを米専門家も称賛している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 この日、3打数2安打2四球で今季8度目のマルチ安打を記録した二刀流右腕。1試合に2本の二塁打は自身メジャー初で、4出塁で先制とダメ押しのホームを踏む活躍で8-1の勝利に貢献した。その見せ場の1つとなったのが9回表の第5打席だった。

 プホルスのソロ弾でリードを6点に広げた直後の9回表2死走者なしの場面。大谷は4番手マグワイアの初球を弾き返すと打球は右腕のグラブを弾き、センター前に抜けていった。

 大谷は一塁到達時に一度はスピードを緩めたが、打球とセンターの位置を確認するとギアを上げて二塁に向けて加速。ベースに滑り込むクロスプレーとなり、塁審は一度アウトの判定を下したが、チャレンジの末に判定が覆った。大谷は続くシモンズの安打で生還。まさに“脚”で生み出したダメ押し点だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」