野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

こんなストライクは嫌だ… あまりに可哀想な打者が話題「ノォォォォォー」

審判も人間だ。メジャーでは2014年の「チャレンジ」導入後、アウト、セーフの判定が覆ることは“日常”となった。一方、「チャレンジ」できないのが、ストライク、ボールの判定。ただ、こちらもブレることもある。投手、打者が球審に不満をぶつけることは珍しくない。しかし、限界がある。MLB公式サイトのスペイン語版ツイッターが、“ありえないストライク”の動画を投稿し、話題となっている。

MLB公式サイトが投稿した“ありえないストライク”が話題となっている(写真はスクリーンショット)
MLB公式サイトが投稿した“ありえないストライク”が話題となっている(写真はスクリーンショット)

MLB公式サイトのスペイン語版ツイッターが動画を公開「明らかに…」

 審判も人間だ。メジャーでは2014年の「チャレンジ」導入後、アウト、セーフの判定が覆ることは“日常”となった。一方、「チャレンジ」できないのが、ストライク、ボールの判定。ただ、こちらもブレることもある。投手、打者が球審に不満をぶつけることは珍しくない。しかし、限界がある。MLB公式サイトのスペイン語版ツイッターが、“ありえないストライク”の動画を投稿し、話題となっている。

 ツイッターで公開されたのは、とあるアマチュア野球の映像。小学生から中学生くらいと見られる。カウント2-2からピッチャーが投じた1球は、ゆっくりと変化しながら外角低めへと外れていった。最後はワンバウンドスレスレでキャッチャーのミットへ。捕球しようとしたが、わずかにこぼしてしまう。コース、高さともに明らかにボール――。そう見るが、球審は力強くストライクを宣告した。

 判定を聞いた打者は唖然。両手を広げ、ボールが通ったあたりを指さしたが、当然、結果は変わらない。最後は首を傾げながらベンチへと戻っていった。

 打者に同情したのか、MLB公式サイトのスペイン語版ツイッターは「明らかに、ストライクだと分かったでしょ。賛成できなければコメントして」と皮肉たっぷりの文言を添えて動画を投稿。すると、フォロワーからは様々な反応があった。

「この審判にはメガネが必要だ…あるいはプレートを動かすか」

「ハハハ」

「そうだね、明らかだ」

「ノォォォォォー」

「ストライク?????」

「どうやったストライクになるのか理解できない」

 やはり誰がどう見てもストライクには見えない。しかし、球審が下した判定は絶対。理不尽すぎる1球となってしまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」