野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 元ロッテ・パラデス、韓国球界でも打率.138と苦戦し戦力外「不名誉な退団」

元ロッテ・パラデス、韓国球界でも打率.138と苦戦し戦力外「不名誉な退団」

6月1日、韓国・斗山ベアーズは昨年まで千葉ロッテでプレーしていたジミー・パラデス内野手のウェーバー公示を申請したと発表した。走攻守揃った助っ人として活躍が期待されていたが、環境に適応できずチームから去ることが決まった。

昨季、ロッテに在籍していたジミー・パラデス【写真:編集部】
昨季、ロッテに在籍していたジミー・パラデス【写真:編集部】

日本球界経験者として大きな期待も…斗山では「打撃と守備で力を発揮できず」

 6月1日、韓国・斗山ベアーズは昨年まで千葉ロッテでプレーしていたジミー・パラデス内野手のウェーバー公示を申請したと発表した。走攻守揃った助っ人として活躍が期待されていたが、環境に適応できずチームから去ることが決まった。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 昨年、千葉ロッテでプレーしたパラデスは両打ちで、守備面でも外野だけではなく一塁や三塁も守ることができるユーティリティさを武器に日本でも期待された選手だったが、89試合に出場して打率.219、10本塁打、26打点と力を存分に発揮できないまま昨季終了後に自由契約となった。その後、韓国に渡り、契約金10万ドル、年俸70万ドルで斗山ベアーズに入団した。

 3月24日に行われたサムソンライオンズとのシーズン開幕戦では「7番・右翼」としてスタメン出場すると、第2打席に嬉しい韓国での初安打、その翌日には初本塁打を記録するなど好調な滑り出しだったが、徐々に快音がなくなり2軍で過ごす日々が増えていった。直近では5月20日の試合から復帰するも、5月は21打数2安打、打率.095と苦しんだ。韓国での成績は21試合に出場して打率.138 1本塁打 4打点だった。

 これを受けて韓国の複数メディアがパラデスの戦力外について報道しており「SPOTV NEWS」では「昨年12月のパラデス入団直後は一塁や三塁、外野が守れて柔らかいスイングが武器の選手という評価で日本球界経験者であることから韓国でも適応できると期待されたが、チームの攻撃力アップにはつながらなかった」と紹介。また「OSEN」でも「パラデスは明るい性格でチームメイトと打ち解けることができたが、打撃と守備で力を発揮できなかった。2軍落ちにもめげずにプレーしてきたが、結局、守備は不安定で打撃もわずか1本塁打と不名誉な退団となった」と残念な結果を伝えている。

 パラデスは3年前から韓国各球団から注目されていた選手の1人だったが、「長打はあるが変化球が弱点であり、もしシーズン20発を放っても穴が多すぎる選手。守備面も内野では送球が不安定で外野では簡単に処理可能な打球にしか対応できない」と「OSEN」では球団関係者の言葉を紹介している。シーズン前半で戦力外となってしまったパラデス。果たして次なる新天地はどこの国となるだろうか。

(苅田俊秀 / Toshihide Karita)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」