野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ5位で交流戦に突入したロッテ 浮上のカギは1番・荻野&新助っ人

ロッテの5月の戦いぶりを振り返ると、本拠地・ZOZOマリンで1日から行われた福岡ソフトバンクとの3連戦に3連敗を喫するなど、5月最初の7試合は1勝6敗。その間のチーム打率は.189、18得点、チーム防御率は4.95と投打が噛み合わず、4月の勢いを完全に失った。この流れを変えたのがリードオフマン・荻野貴司選手、故障で出遅れた角中勝也選手、新助っ人のドミンゲス選手の3人だ。

ロッテ・荻野貴司【写真:荒川祐史】
ロッテ・荻野貴司【写真:荒川祐史】

21勝24敗の5位で交流戦に突入したロッテ

 ロッテは交流戦前最後のカードとなったオリックス3連戦を1勝2敗で負け越し、21勝24敗の5位で交流戦に突入した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 5月の戦いぶりを振り返ると、本拠地・ZOZOマリンで1日から行われた福岡ソフトバンクとの3連戦に3連敗を喫するなど、5月最初の7試合は1勝6敗。その間のチーム打率は.189、18得点、チーム防御率は4.95と投打が噛み合わず、4月の勢いを完全に失った。

 この流れを変えたのがリードオフマン・荻野貴司選手、故障で出遅れた角中勝也選手、新助っ人のドミンゲス選手の3人。11日の埼玉西武戦で新外国人のドミンゲスが第1号3ラン、この日に1軍復帰した角中が4番で出場し2回の打席で犠飛、試合前まで5月の月間打率.067と絶不調に喘いでいた荻野が2安打の活躍を見せ、今季最多の12得点を奪い大勝した。

 翌12日も今季最多の16安打を放ち11得点を挙げ、2015年5月9日、10日に行われたQVCマリンでの埼玉西武戦以来となる2試合連続2ケタ得点を挙げる猛攻で勝利した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」