野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“大谷を裸にする男” データの達人「スタットキャスト」アドラー氏を直撃

大谷が投げると、大谷が打つと、大谷が走ると、テレビ、新聞、インターネットなどには、すぐに詳細なデータが出てくる。その数字は、高性能カメラやレーダーなどを使って、プレーを瞬時に数値化する「スタットキャスト」と呼ばれるMLB公式データ解析システムによるものだ。2015年にMLBに導入されたスタットキャストで、エンゼルス大谷翔平投手のデータを提供する担当者として一躍名を馳せているのが、若きアナリスト、デービッド・アドラー氏。今回は出身地でもあるニューヨークで、アドラー氏に「データ野球の面白さ」を聞いた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

MLB公式データ解析システムで大谷を担当する若きアナリスト

 大谷が投げると、大谷が打つと、大谷が走ると、テレビ、新聞、インターネットなどには、すぐに詳細なデータが出てくる。その数字は、高性能カメラやレーダーなどを使って、プレーを瞬時に数値化する「スタットキャスト」と呼ばれるMLB公式データ解析システムによるものだ。2015年にMLBに導入されたスタットキャストで、エンゼルス大谷翔平投手のデータを提供する担当者として一躍名を馳せているのが、若きアナリスト、デービッド・アドラー氏。今回は出身地でもあるニューヨークで、アドラー氏に「データ野球の面白さ」を聞いた。

――今季は一躍有名になりました。

「とても驚いています。スタットキャストチームの中の1人でしかありませんが、オオタニの情報とデータを配信できることを誇りに思います。彼のデータは数値的に見ても驚きが多いので、より多くの人に見てもらいたい、すごさを知ってもらいたいという気持ちです。オオタニはさまざまな分野で飛び抜けた数値を叩き出しています。本当に1人でも多くの人に見てほしいと思っています」

――日本でも大谷に関するデータは連日大きなニュースになっています。それと同時に登場するのがアドラーさんのお名前です。自己紹介をして下さい。

「私はMLB.comに所属しており、スタットキャストのデータ部門にいます。全ての試合で起きる出来事、例えば打球速度、投球速度、打球の飛距離、走塁速度など、どのような動きをしたかの全てが数値化されて、その数値から興味深いと感じるところを見つけ、記者やテレビの実況・解説が使えるように提供しています。大谷のホームランのデータは、すぐにテレビで見られますよね。あとはデータを元に記事を書いたり、選手たちとデータを共有したりします。スタットキャストは、選手の長所を数値化し、データがない頃には評価されにくかった部分も明らかにするので大切なことだと思います。それを活用するのが私の仕事です」

――データの大切さを教えて下さい。

「重要な理由が2つあります。まず、選手の評価、成長のためにチームが活用しているということ。彼らは我々と同じようなデータを重視し、選手がより活躍できるように利用しています。例えば、バーランダーがアストロズに移籍した際、彼のスライダーをより効果的にするために投げ方を変えたり、コールがアストロズに移籍した際はより効果的に変化球を投げるように工夫したりと、実際に効果が出ています。チームが勝つために使用されているということが1点です。

 もう1点は、ファンがデータを見ることができるようになったことです。ファンは今までもデータを求めていました。スタットキャストは、難しいことを数値化しているわけではありません。ファンはいつも、ホームランの飛距離を知りたがっていたし、打球の強さも知りたがっていました。

 今までは正確に測る方法がなかったんですが、ジャッジが120マイル(約193キロ)の打球を打つと、球場で見ている人も家でテレビを見ている人も強いと認識できるようになったし、大谷が112マイル(約180キロ)で打って、101マイル(約163キロ)で投げるという情報があれば、彼に投打両方の才能があると一目でわかるようになりました。なぜなら、その強さで打ったり、投げたりするのは一部の選手にしかできないことだからです。ファンにこの数値を見てもらって、選手やプレーのすごさを理解してもらい、もっと野球を見たり、もっと野球を好きになってもらえるのではないかと感じています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」