野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

伝説の再現!? 25年ぶりに実現した篠塚和典氏とBC富山・伊藤智仁監督の対決

去る6月2日、県営富山野球場で行われた独立リーグBCリーグ富山-信濃戦の試合前に、富山の伊藤智仁監督(47)と元巨人・篠塚和典氏(60)による「一打席対決」が行われた。

伊藤智仁監督の4球目「渾身のスライダー」スコアボードには25年前のラインナップが表示された【写真:秋山健一郎】
伊藤智仁監督の4球目「渾身のスライダー」スコアボードには25年前のラインナップが表示された【写真:秋山健一郎】

1993年には16Kの伊藤氏から篠塚氏がサヨナラ本塁打、富山で25年ぶりに“再戦

 去る6月2日、県営富山野球場で行われた独立リーグBCリーグ富山-信濃戦の試合前に、富山の伊藤智仁監督(47)と元巨人・篠塚和典氏(60)による「一打席対決」が行われた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 これは25年前の1993年6月9日、同じ北陸地方の金沢市で開催された巨人-ヤクルト戦で、当時ヤクルトの新人投手だった伊藤監督が、9回2死までにセ・リーグタイ記録の16個の三振を奪う快投を見せながら、途中出場の篠塚氏にサヨナラホームランを打たれ0-1で敗れた伝説の試合の再戦企画となる。

 富山の先発メンバーと、このイベントに合わせ企画された東京発の観戦ツアー参加者数名を加えた野手陣をバックにマウンドに上がった伊藤監督は、まず92キロのストレートをストライクゾーンへ。左打席の篠塚氏はこれを見送りストライク。2球目は伊藤監督の代名詞、スライダー(91キロ)。これは外角にはずれカウント1-1となった。

 3球目はインコースに入ってきた84キロの「やや引っ掛かったような、少しスライダー回転したストレート」(篠塚氏)に篠塚氏が反応。快音とともに25年前のような角度のついた打球がライトへ。しかし、これは切れてファウルとなる。

 カウント1-2となり4球目、伊藤監督は92キロのスライダーを低めに制球。篠塚氏のバットが空を切ったかに見えたが、キャッチャーのミットからボールがこぼれると、球審にチップしたとアピール。マウンドの伊藤監督も負けずに空振りだと訴え、そのやりとりにスタンドが沸く。判定はファウルに。

 5球目、伊藤監督は98キロのストレートをストライクゾーン外寄りに投げ込む。これを篠塚氏が現役時代を彷彿とさせるフォームで流し打つ。打球はショートの頭を越えレフト前に落ちた。25年前のリベンジを狙った伊藤監督は悔しそうにマウンドにしゃがみ込んだが、すぐに立ち上がり一塁ベースに達した篠塚氏に一礼。対決は幕を閉じた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」