野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天の未来を担う“5ツール・プレーヤー” 田中和基の勢いが止まらない

走攻守の三拍子が揃う「5ツール・プレーヤー」になりうる可能性を秘めた逸材が、ついにその本領を発揮しつつある。楽天の田中和基外野手が好調で、「3番・中堅」として抜群の存在感を見せている。担当スカウトだった沖原佳典氏が「強肩、俊足、そしてなによりスイッチヒッターで右でも左でもホームランが打てることが彼の最大の魅力です」と語った高い素質をいよいよ開花させつつある田中は、勢いそのままに主力選手の座へと定着を果たすことができるだろうか。

楽天・田中和基【写真:荒川祐史】
楽天・田中和基【写真:荒川祐史】

左右どちらでも本塁打が打てるパンチ力が魅力

 走攻守の三拍子が揃う「5ツール・プレーヤー」になりうる可能性を秘めた逸材が、ついにその本領を発揮しつつある。楽天の田中和基外野手が好調で、「3番・中堅」として抜群の存在感を見せている。担当スカウトだった沖原佳典氏が「強肩、俊足、そしてなによりスイッチヒッターで右でも左でもホームランが打てることが彼の最大の魅力です」と語った高い素質をいよいよ開花させつつある田中は、勢いそのままに主力選手の座へと定着を果たすことができるだろうか。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西南学院高校、立教大学を経て2016年のドラフト3位で楽天から指名を受けてプロ入りした田中は、俊足と強肩を武器にルーキーイヤーから代走・守備要員として1軍で出場機会を得る。この年のハイライトとなったのは5月20日の千葉ロッテ戦。スタメン出場を果たしてプロ初安打を記録しただけでなく、延長12回に決勝2ランを放ってチームを勝利に導き、1年目から確かなインパクトを残してみせた。

 さらなる活躍が期待された今季は開幕1軍入りを果たしたものの、4打数無安打と結果を残せず4月5日に2軍降格となってしまう。しかし、5月下旬に1軍に再昇格してからは打撃面で長足の進歩がみられ、スタメンとして継続的に出場機会を確保。5月24日からの9試合中8試合でヒットを放ち、守備でも6月1日の試合で大飛球を見事につかんで併殺を完成させるなど存在感を発揮。攻守にわたる活躍によって自らの価値を証明し、中堅手のレギュラー定着に向けて突き進んでいる。

 5日の巨人戦では「1番・中堅」で4打数2安打の活躍を見せ5月26日から8試合連続安打を継続。それだけでなく、5月26日から6月1日にかけては5試合で4本塁打を放って長打力も証明。打順も当初は9番だったが、この大活躍を受けてクリーンアップの一角である3番を任されるように。徐々に周囲からの信頼も高まっていることをうかがわせており、一気にチームの主軸へと駆け上がっていきそうな勢いすら感じさせる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」