野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • まだ2か月も…米メディア、困難に挑む大谷を評価 二刀流は「無条件で成功」

まだ2か月も…米メディア、困難に挑む大谷を評価 二刀流は「無条件で成功」

6日(日本時間7日)の本拠地ロイヤルズ戦で今季9度目の先発登板に臨むエンゼルスの大谷翔平投手。投手としては、5月は4試合登板で2勝0敗、防御率2.16、25イニングで31奪三振という好成績をマークしており、状態を上げてきている。一方で、打者としては打率.289と3割を切り、内野が右寄りに守る“大谷シフト”にかかるケースが多くなるなど、やや下降気味だ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

成績が低下しても評価は揺らがず? 「2か月が経過し、疑念はほとんど残っていない」

 6日(日本時間7日)の本拠地ロイヤルズ戦で今季9度目の先発登板に臨むエンゼルスの大谷翔平投手。投手としては、5月は4試合登板で2勝0敗、防御率2.16、25イニングで31奪三振という好成績をマークしており、状態を上げてきている。一方で、打者としては打率.289と3割を切り、内野が右寄りに守る“大谷シフト”にかかるケースが多くなるなど、やや下降気味だ。ただ、米メディアはここまでのパフォーマンス、そして、二刀流という難しいテーマに挑みながらインパクトを残していることを高く評価した上で、今季については「無条件に成功だ」と断言。仮に疲労などでここから成績が落ちても、大谷に対する評価は揺らがないという。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 大谷についての特集を組んだのは、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」だ。「当初の懐疑論に反し、23歳のロサンゼルス・エンゼルスの二刀流はメジャーリーグキャリアの最初のたった数か月で期待を上回っている」とのタイトルで伝えている。

 記事では、開幕前には大谷が「謎」の存在だったと指摘。「23歳の日本のスターは、建前では打撃も投球もオールスターレベルの二刀流と宣伝されてアメリカにやって来た」という中で、オープン戦では打率.125、防御率27.00と苦戦し、「開幕マイナー」を危惧する声まであがっていたことを紹介している。

 だが、「2か月が経過し、疑念はほとんど残っていない」という。「シーズン最初の1/3の期間で、オオタニはベーブ・ルース以来の二刀流というだけでなく、現在のメジャーリーグで最も優れた選手の1人であることを確立した」「彼は文句なしに今季の球界最大の話題である」などと言及。二刀流のため、どちらも比較の対象とはならないかもしれないが、ブライス・ハーパーの.882を上回るOPS(出塁率+長打率).907、そしてスティーブン・ストラスバーグの3.20よりも良い防御率3.18をマークしているとして、投打での活躍を手放しで称えている。

 大谷は開幕直後に爆発的なスタートダッシュを切ったが、特に最近は打撃成績を少し下げた。相手チームの研究も確実に進んできている様子だ。それでも、記事では「忘れられない今季最初の1週間の後、全国ニュースから大谷の名前が消えても、彼は優秀であり続けた」と言い切る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」