野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日松坂は“荒れ球”が武器? 好敵手の3冠王・松中氏が指摘する好投の要因

7日、ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。昨季まで3年間在籍した古巣との先発マウンドに上がったのは、中日の松坂大輔投手だった。序盤は制球に苦しみ、ピンチを背負ったが、終わってみれば5回3安打1失点の粘りの投球だった。味方打線の援護があり、リリーフ陣が何とかリードを守り抜いたことで古巣から今季3勝目を挙げた。

3勝目から一夜明け、松中氏と談笑する中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
3勝目から一夜明け、松中氏と談笑する中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

解説でナゴヤドームを訪れ久々対面「元気そうで良かった」

 7日、ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。昨季まで3年間在籍した古巣との先発マウンドに上がったのは、中日の松坂大輔投手だった。序盤は制球に苦しみ、ピンチを背負ったが、終わってみれば5回3安打1失点の粘りの投球だった。味方打線の援護があり、リリーフ陣が何とかリードを守り抜いたことで古巣から今季3勝目を挙げた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 5回を終えて104球。左臀部がつったこともあって5回で降板となった右腕が、一夜明けた9日、本拠地スタンドの階段登りやキャッチボールなどで練習を行い、コンディションには問題ないことを伺わせた。練習終了後には、前日投げ合った千賀滉大投手や柳田悠岐外野手、松田宣浩内野手ら、かつてのチームメートと次々に挨拶、談笑し、旧交を温めていた。

 この日の練習中には、元ソフトバンクで現在は解説者などを務める松中信彦氏と言葉を交わす場面も。平成唯一の3冠王である松中氏と、西武時代の松坂はライバルとして数々の名勝負を繰り広げてきた。この日は中日の地元、愛知県のテレビ局で解説を務めるために、ナゴヤドームを訪問。松坂とも久々に対面した松中氏だが、現在の右腕をどう見ているのだろうか。

「元気だな、と思いますよね。肩は痛くないと言っていて、元気そうで良かったですね。中6日あれば投げられます、とは言っていたね。疲れは取れにくいみたいだけど。やっぱり頑張っている姿を見るのは、嬉しいよね、元気そうで良かった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」