野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

カブスGM、ダルビッシュ復活を確信 根拠は「数字、才能、復調への思い」

カブスのダルビッシュ有投手は右上腕三頭筋の炎症で今季2度目の故障者リスト(DL)に入っている。6年総額1億2600万ドル(約137億円)の大型契約で加入した右腕だが、ここまで8試合登板で1勝3敗、防御率4.95。5イニング以上を投げきれたのは3回で、最高でも6イニングと力を発揮できていない。だが、ジェド・ホイヤーGMは「復調すると思っている」と改めて信頼を寄せていることを明かした。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアが特集記事、ホイヤーGMは「復調すると思っている」

 カブスのダルビッシュ有投手は右上腕三頭筋の炎症で今季2度目の故障者リスト(DL)に入っている。6年総額1億2600万ドル(約137億円)の大型契約で加入した右腕だが、ここまで8試合登板で1勝3敗、防御率4.95。5イニング以上を投げきれたのは3回で、最高でも6イニングと力を発揮できていない。だが、ジェド・ホイヤーGMは「復調すると思っている」と改めて信頼を寄せていることを明かした。米メディア「ジ・アスレチック」が報じている。

【PR】「DAZN」でMLB&NPBを観戦しよう! ”初月無料視聴可能”、スポーツコンテンツが充実

 ダルビッシュは今季、開幕7試合目まで白星なしとつまずいた。5月上旬には体調不良で1度目のDL入り。すぐに復帰したものの、今月20日(同21日)のレッズ戦で今季初勝利を挙げた直後の27日(同28日)に右上腕三頭筋の炎症で再びDL入りすることが発表された。

「ジ・アスレチック」は「ここまでダルビッシュは1勝、防御率4.95であり、おおよそ1か月を故障者リストで過ごしている。最初は風邪、そして上腕三頭筋の腱炎だ」と言及。そして、近況について「金曜日(8日)に外野でキャッチボールを行ったダルビッシュだが、次のステップはマウンドからの投球となるだろう」と紹介している。

 今後、ダルビッシュがメジャーのマウンドに戻るためには、リハビリ期間も必要となる。記事でも「マイナーでのリハビリ登板も、チームがダルビッシュのローテーション復帰を真剣に検討する前に必要となるだろう」と指摘。つまり、近々に復帰することはできない。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬