野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天が2度の満塁機を生かせず今季40敗目 梨田監督「打線が援護しないとね」

楽天は15日、本拠地での阪神戦に0-4で敗れ、12球団最速で今季40敗目を喫した。

楽天・梨田監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田監督【写真:荒川祐史】

阪神・藤浪に407日ぶりの白星を献上

■阪神 4-0 楽天(15日・楽天生命パーク)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 楽天は15日、本拠地での阪神戦に0-4で敗れ、12球団最速で今季40敗目を喫した。

 先発・辛島航投手は5回まで1安打と好投を見せていたが、6回に四球と犠打で1死二塁とすると、阪神の3番・中谷将大に3号2ランを浴びた。さらに、続く4番・糸井嘉男に四球を与え、「打たれた後に四球を出し、代えざるを得なかった」と梨田昌孝監督。2番手・久保裕也は1死一、二塁で2つの三振を奪ってピンチを脱したが、7回に追加点を許した。8回から登板した 4番手・今野龍太も9回に1点を失った。

 打線も援護できなかった。阪神の先発・藤浪晋太郎の前に、2回までに4三振。3回に1死から9番・嶋基宏、1番・田中和基の連打と四球で満塁とし、1軍復帰してから3試合連続でヒットを放っていた3番・島内宏明に打席が回ったが、三ゴロ併殺に打ち取られた。梨田監督は「島内に期待をしていましたが、ホームゲッツーでね。流れを持ってこられなかったですね」と肩を落とした。

 7回の満塁機もホームが遠かった。1死から5番・アマダーの四球、6番・茂木栄五郎の中安で好機を作ったが、代打・藤田一也に阪神は2番手・岩崎優を投入。藤田は中飛でアマダーの代走・山崎剛が三塁に進み、2死一、三塁とした。楽天は、今度は聖澤諒に代わって今江年晶を打席に送ると、阪神は桑原謙太朗に交代。今江は四球を選んで満塁としたが、嶋は中飛に打ち取られた。

 阪神・藤浪に407日ぶりの白星を献上し、「(藤浪は)四球もあったけど、ストライク先行という形で、ボール球を振らされる三振も結構あった。それを意識して、ストレートを見送ったりしていた」と指揮官。満塁を作った3回と7回以外は二塁も踏めずに終わった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」