野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

交流戦、パ・リーグ勝ち越しまであと7勝! カギ握るホームゲームでの勝敗

6月15日の日程が終了し、交流戦の残り試合は雨天中止試合の振り替え試合も含めて18試合となった。現時点の勝敗はパ・リーグ48勝、セ・リーグ42勝。交流戦は108試合行われるので、パは残り18試合で7勝すれば、9年連続13回目の勝ち越しが決まる。

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

過去3年すべてパはホームゲームで大きく勝ち越し

 6月15日の日程が終了し、交流戦の残り試合は雨天中止試合の振り替え試合も含めて18試合となった。現時点の勝敗はパ・リーグ48勝、セ・リーグ42勝。交流戦は108試合行われるので、パは残り18試合で7勝すれば、9年連続13回目の勝ち越しが決まる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 パ・リーグはソフトバンクという交流戦の通算勝率が6割を超える最強チームがあるのが大きいが、それに加えて、パはホームゲームで強い。
 交流戦が現在と同じ3試合総当たり、全108試合制になった2015年以降のセ・パのホーム=H、ロード=R別の勝敗を見ていこう。

2015年
パ・リーグH/35勝19敗0分 R/26勝25敗3分
セ・リーグH/25勝26敗3分 R/19勝35敗0分

2016年
パ・リーグH/32勝22敗0分 R/28勝25敗1分
セ・リーグH/25勝28敗1分 R/22勝32敗0分

2017年
パ・リーグH/33勝21敗0分 R/23勝30敗1分
セ・リーグH/30勝23敗1分 R/21勝33敗0分

 過去3年、パ・リーグはロードではセと接戦、あるいは負け越しているが、ホームで大きく勝ち越している。ホームゲームで圧倒的に強いのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」