野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 四国覇者・大手前高松、大阪桐蔭に完敗 スーパー1年生・仲三河の前に3回6K

四国覇者・大手前高松、大阪桐蔭に完敗 スーパー1年生・仲三河の前に3回6K

春の四国大会を制した大手前高松が、香川県高等学校野球連盟の招待試合でセンバツ2連覇の王者・大阪桐蔭と対戦。根尾、山田、藤原に計3本のホームラン(うち藤原はランニングホームラン)を浴び、1-7で敗れた。大阪桐蔭先発の柿木に対し、5回まで無得点。6回に本塁打で1点を返したが、2番手でマウンドに立った1年生の仲三河優太にも3回で6三振を喫した。

ランニング本塁打を放った大阪桐蔭・藤原恭大【写真:沢井史】
ランニング本塁打を放った大阪桐蔭・藤原恭大【写真:沢井史】

大阪桐蔭は根尾、藤原らが3発!先発・柿木は6回1失点

 春の四国大会を制した大手前高松が、香川県高等学校野球連盟の招待試合でセンバツ2連覇の王者・大阪桐蔭と対戦。根尾、山田、藤原に計3本のホームラン(うち藤原はランニングホームラン)を浴び、1-7で敗れた。大阪桐蔭先発の柿木に対し、5回まで無得点。6回に本塁打で1点を返したが、2番手でマウンドに立った1年生の仲三河優太にも3回で6三振を喫した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 大手前高松の1点は、1番の山本大輔が放った一発だった。6回、先頭打者の山本は「初球から狙っていこうと思いました。普段、対戦することができない全国レベルの投手に対して、自分のバッティングができたことは自信になります」と振り返った。だが、代わった仲三河に関しては「球速以上にボールが伸びてきて、ストレートと分かっていても打てなかった。コントロールも良かった」と脱帽していた。

 大手前高松の山下裕監督は、「今日は総力戦で5失点くらいでと思っていましたが…。全国トップクラスの投手からはなかなチャンスをもらえないのだから、バントを決めるとか細かいプレーも大事。仲三河投手の球の回転数が素晴らしく、芯で当ててもそう前へは飛ばないでしょう」。春の地区大会優勝校同士の戦いだったが、現実を真摯に受け止め、夏に向けての発奮材料にするつもりだ。

(沢井史 / Fumi Sawai)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」