野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元日ハム・マーティンがDL入り 原因は「乱闘参戦」、相手はブルペンの扉!?

元日ハム・マーティンがDL入り 原因は「乱闘参戦」、相手はブルペンの扉!?

日本ハムからレンジャーズに移籍したクリス・マーティン投手が15日(日本時間16日)に故障者リスト(DL)入りした。球団からは「ふくらはぎの張り」と発表されたが、その故障の原因が「乱闘参戦」だったことが話題となっている。地元メディア「ジ・アスレチック」が伝えている。

故障者リスト入りとなったレンジャーズのクリス・マーティン【写真:Getty Images】
故障者リスト入りとなったレンジャーズのクリス・マーティン【写真:Getty Images】

「ふくらはぎの張り」でDL入り、乱闘の前に「ブルペンゲートとの戦い」?

 日本ハムからレンジャーズに移籍したクリス・マーティン投手が15日(日本時間16日)に故障者リスト(DL)入りした。球団からは「ふくらはぎの張り」と発表されたが、その故障の原因が「乱闘参戦」だったことが話題となっている。地元メディア「ジ・アスレチック」が伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マーティンのDL入りについて、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」でレンジャーズ番を務めるエバン・グラント記者はツイッターで「レンジャーズのクリス・マーティンが乱闘でブルペンから駆け寄る時にハムストリングを痛めた」とつぶやいた。13日(同14日)の敵地ドジャース戦。本塁での激しいタックルを巡ってドジャースのマット・ケンプ外野手とレンジャーズのロビンソン・チリノス捕手が揉み合いに。この乱闘では両軍の選手が飛び出し、一時、球場は騒然としていた。

 その際に、外野フェンスの奥にあるブルペンから他の救援陣とともに走って“現場“に向かっていたマーティン。長い距離を走ったことでもも裏を痛めたと思われていたが、実はその直前に大きな問題を抱えていたという。ブルペンを出る際に扉と激突しており、それが負傷の原因になったというのだ。

「ジ・アスレチック」では「水曜日のドジャースタジアムの乱闘で、マーティンはハムストリングを痛めたと聞いた。今日、我々は彼の故障箇所は膝であるという話を耳にし、その後、“ふくらはぎの張り”により10日間の故障者リスト入りしたと発表された。マーティン自身は痛めた部分に関して、その3箇所が全てまたがる膝裏の箇所であると語った」と説明。そのうえで「どのようにしてこの怪我が起こったのか。クリス・マーティンと……ブルペンゲート?の戦いに比べたら、チリノスとケンプの乱闘は大したものではなかったということが分かったのだ」と伝えている。

 どういうことか。記事では、マーティン本人のコメントを紹介している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」