野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

精神力、覚悟、同僚…V弾放ったハム横尾の胸の内 栗山監督「前に進むと思う」

日本ハムの横尾俊建内野手が16日のヤクルト戦(札幌ドーム)で値千金の決勝6号ソロを放った。チームは2-1で交流戦首位のヤクルトに連勝した。

日本ハム・横尾俊建【写真:石川加奈子】
日本ハム・横尾俊建【写真:石川加奈子】

横尾が値千金6号決勝弾「完ぺきに捉えた」

■日本ハム 2-1 ヤクルト(16日・札幌ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムの横尾俊建内野手が16日のヤクルト戦(札幌ドーム)で値千金の決勝6号ソロを放った。チームは2-1で交流戦首位のヤクルトに連勝した。

 1-1の同点で迎えた8回、左腕の中尾が投じた143キロ直球を自慢のフルスイングで捉えた。打球はバックスクリーン左に飛び込む決勝ソロ。ベンチで手荒い祝福を受けながら恒例のおにぎりを握るポーズを決めた横尾は「完ぺきに捉えたので行ってくれるかなと思いました。いい集中力で打席に入ることができました」と自画自賛した。

 前日のミスを吹き飛ばした。レアードに代わって9回に三塁の守備に就いた前日のヤクルト戦。平凡な三ゴロにバウンドを合わせようと前に出たときに、突っ伏すように転倒した(記録は内野安打)。「昨日みたいな経験はしたことがなかったですし、それがあったから、今日試合前にいい準備ができました。全て悪い方に捉えず、これからの経験としてできればいいかなと思います」とミスを引きずらない精神的な強さを持っている。

 2年目の昨季終盤に7本塁打を放ってプチブレイク。今季開幕戦では「2番・二塁」に抜てきされたが、レギュラー奪取は叶わず、4月下旬から2週間ほどファーム暮らしも味わった。決して多くはないチャンスを生かすため、今意識しているのは1球の大切さだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」