野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

エース候補と呼ばれ11年目 ロッテ唐川が2軍で克服すべき課題とは…

将来の“エース候補"として期待されてきたロッテの唐川侑己投手も、今年の7月で29歳、プロ11年目を迎えた。若手から中堅と呼ばれる年齢となり、同学年の巨人・菅野智之投手はチームのエースに成長。唐川も本来であれば、その座にいるべき存在だが、現在は2軍で調整中。再昇格を目指して、黙々とトレーニングを積んでいる。

ロッテ・唐川侑己【写真:荒川祐史】
ロッテ・唐川侑己【写真:荒川祐史】

今季は3試合に1軍で先発しながら、いずれも突如として乱れて3敗

 将来の“エース候補”として期待されてきたロッテの唐川侑己投手も、今年の7月で29歳、プロ11年目を迎えた。若手から中堅と呼ばれる年齢となり、同学年の巨人・菅野智之投手はチームのエースに成長。唐川も本来であれば、その座にいるべき存在だが、現在は2軍で調整中。再昇格を目指して、黙々とトレーニングを積んでいる。

【写真6枚】どちらも可愛い…!? 「謎の魚」が犬と戯れる姿を公開

 持っている能力は非常に高い。高卒1年目の2008年4月26日のソフトバンク戦で、平成生まれのプロ野球選手として初の勝利投手となり、3位から日本一となった2010年の日本シリーズ第4戦では平成生まれ初となる先発、2011年には自身初の2桁12勝をマーク。昨季終了時点で通算65勝をマークしている。

 プロ11年目の今季は開幕を2軍で迎えた。2軍戦で5試合に登板し、4月18日のオリックス戦で満を持して1軍の先発マウンドに上がった。スコアボードに0を並べ、5回までパーフェクトに抑える完璧なピッチングを披露したが、6回に突如崩れ、この回だけで5安打を浴び4失点で敗戦投手となった。

 その後先発した4月28日、5月5日の日本ハム戦でも、ゲームを作りながら、もったいない失点が目立った。3連敗で2軍再調整となってからも、先発した5月29日のイースタンリーグ東京ヤクルト戦は初回に3点を許し、2回から7回まで無失点。6月8日の同リーグ楽天戦は6回まで無失点に抑えながら、7回に失点して途中降板した。

 唐川本人も「要所で取られることが多い。今年に関しては、ほぼそれなので…。そこが結果として大きく現れるところなので、課題です。6月8日の楽天との2軍戦も、イニングの途中で降りたり、ちょっと詰めの甘い部分があった」と自身の課題点を自覚する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」