野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ハーパー、打率.212でもオフに400億円超プレーヤーに!? “不振”の理由とは…

ハーパー、打率.212でもオフに400億円超プレーヤーに!? “不振”の理由とは…

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手は、今オフに初めてフリーエージェント(FA)となる。資金力のある球団の大争奪戦となることは確実。史上初の年俸総額4億ドル(約442億円)プレーヤーになる可能性が高いと見られているが、今季はリーグトップの19本塁打を放ちながら、打率は.217と低迷している。いったい“不振“の原因は何なのか。米メディアが探っている。

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】
ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

米メディアが分析記事「400億超の野球選手が打率.217ではいけない」

 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手は、今オフに初めてフリーエージェント(FA)となる。資金力のある球団の大争奪戦となることは確実。史上初の年俸総額4億ドル(約442億円)プレーヤーになる可能性が高いと見られているが、今季はリーグトップの19本塁打を放ちながら、打率は.217と低迷している。いったい“不振“の原因は何なのか。米メディアが探っている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 若きスーパースターについて特集を組んだのはESPN。17日(日本時間18日)のブルージェイズ戦も5打数無安打に終わったことを受け、分析記事を掲載した。

 ここまでの成績について「彼の現在の成績は打率.217、出塁率.355、長打率.479。wOBAは規定打席到達打者159選手の中で53位となっている。本塁打は19本を記録しており(リーグ)トップ。四球はマイク・トラウトに次いで(メジャー)2位だ。また、98得点、102打点のペースである」としつつ、「とはいえ、4億ドルの野球選手が打率.217ではいけない」と指摘している。今年10月の誕生を迎えてもまだ26歳という若さ、そして、これまでに証明してきた圧倒的な能力を考えれば価値が簡単に落ちるとは考えづらいが、影響がないとも言い切れない。

 記事では、ハーパーが今季最初の17試合で打率.315、8本塁打をマークしながら、その後は打率.188、出塁率.308、長打率.392と苦しんでいることを紹介。そして、「ゴロに悩まされている」としている。どういうことか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」