野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪急OB山田氏が見るオリックスAクラス入りの可能性「チームは変わりつつある」

ドラフト1位ルーキーの田嶋大樹投手や、新外国人のアルバース投手など、新戦力投手の活躍が目立っているオリックス。昨シーズンまで3年連続Bクラスに沈んでいるが、現在パ・リーグ3位とクライマックスシリーズ(CS)圏内を狙える位置につけており、20日の阪神戦に勝てば、交流戦のパ・リーグ最高勝率も決まる。そんなオリックスのチーム状況について、5月27日に行われた阪急ブレーブス復刻イベントに登場した山田久志氏に話を聞いた。

5月27日のオリックス対ロッテ戦のセレモニアルピッチに登場した山田久志氏【写真提供:オリックス・バファローズ】
5月27日のオリックス対ロッテ戦のセレモニアルピッチに登場した山田久志氏【写真提供:オリックス・バファローズ】

ここまでは新戦力の田嶋、アルバースが結果を残す

 ドラフト1位ルーキーの田嶋大樹投手や、新外国人のアルバース投手など、新戦力投手の活躍が目立っているオリックス。昨シーズンまで3年連続Bクラスに沈んでいるが、現在パ・リーグ3位とクライマックスシリーズ(CS)圏内を狙える位置につけており、20日の阪神戦に勝てば、交流戦のパ・リーグ最高勝率も決まる。そんなオリックスのチーム状況について、5月27日に行われた阪急ブレーブス復刻イベントに登場した山田久志氏に話を聞いた。

 山田氏は今シーズンのオリックスについて「ピッチャーが揃っているから、Aクラス入りのチャンスがある」と話し、クライマックスシリーズから優勝を狙えるチャンスがあると期待を込める。

「先発投手陣の勝ち星がなかなか付かないところを、新戦力の田嶋、アルバースがカバーしてくれている。金子、西、ディクソン、山岡。彼らが勝ち出せば投手陣は強力でしょう。中継ぎも揃っている。若手の山本は活きがいいし、黒木も頑張っている。リリーフは増井が安定していて、投手陣はしっかりしている。ここは得点力次第だね」

 ドラフト1位ルーキーの左腕、田嶋大樹投手については、社会人のJR東日本時代から注目していたという。

「とにかく投げっぷりがいい。『プロで十分通用するボールだから、あまり考えずに自分のボールを信じて、自信を持って投げ込んでいけ』と話をしました。ボールが速くて力がある。真っ直ぐで三振を取れるピッチャーは少ないけど、左でなおかつ真っ直ぐで三振が取れる。いい選手を獲ったね」

 ここまで24試合に登板し1セーブ、14ホールドを記録している最速154キロの19歳右腕、山本由伸投手に対しても「自信のあるボールをどんどん投げ込めばいい」とメッセージを送る。

「活きが良くて怖いもの知らずだね。でも今はそれでいい。大事な場面を任されて、セットアッパーで使われているから、嬉しくてどんどん投げていると思うけど、やっぱり疲れてくるから。でも、そういう時はベンチが考えてくれるから、今はそれでいいよ。目いっぱい投げ込めばいい。打たれたら考えて工夫していけばいいだけ。田嶋と一緒だね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」