野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「アレはうまい」元阪神・岡田彰布氏が語るフルスイング論と山田哲人の凄さ

16年に及ぶ現役生活で通算247本塁打を放った元阪神・岡田彰布氏。日本一に輝いた1985年には、バース、掛布に続くバックスクリーン3連発を決めるなど、記憶にも記録にも残る打者として猛虎打線を支えた。通算5496打数で打率.277、出塁率.351。11シーズンで100試合以上に出場したが、1シーズンの三振数が90を超えたことはない。

史上初2年連続トリプル3の山田を絶賛「いい技術を持ってるよ」

「うまいことタイミングが取れてるのは、ヤクルトの山田やな。ピッチャーに崩されることなく、自分のバックスイングを保ってフルスイングをしてる。いい技術を持ってるよ。山田はホームランバッターじゃないから、二塁打や三塁打が出るフルスイング。でも、矛盾しているように聞こえるかもしれないけど、山田はホームランを打つことによって打率が上がるタイプやろな。

 反対に、筒香(嘉智・DeNA)なんか打率が上がればホームランが増えるタイプ。筒香は完璧な長距離砲やから軽打でいい。フルスイングする必要はないんよ。柵越えすれば、162メートル飛ばしても120メートル飛ばしても一緒やん(笑)。反対方向へ強いヒットが打てるようになって打率が上がれば、いつでもフルスイングできるから自然とホームランが増えるんよ。T-岡田(オリックス)もちょっと似たタイプ。ホームランじゃなくても、他人は持ってない遠くに飛ばせる能力があるわけやから。筒香も最初は引っ張ることばっかり狙っていたと思うよ。反対方向へのヒットを目指して率を上げていくのは、遠くに飛ばせる打者のやり方やな」

 フルスイングの違い、そして打者にとってのフルスイングが持つ意味の差に注目してみると、また野球観戦が味わい深いものになるかもしれない。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」