野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハイペースで死球を受けるヤクルト青木宣親、その原因は打順にあり?

今年MLBからNPBに復帰したヤクルトの青木宣親は、開幕から中軸に座って活躍している。目立っているのは死球の多さだ。

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

このままいくとシーズン終了時点で歴代2位タイ24個ペース

 今年MLBからNPBに復帰したヤクルトの青木宣親は、開幕から中軸に座って活躍している。目立っているのは死球の多さだ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 青木の死球は6月24日の時点で11個。これは2位につける広島の會澤、ヤクルトの西浦、巨人のゲレーロの5個の倍以上だ。青木の1死球あたりの試合数は5.91試合。このペースでいくとシーズン終了時点での死球数は24個前後、これは史上2位タイとなる。

〇シーズン死球数5傑 ※数字は1死球あたりの試合数

1ラロッカ(オリックス)28(2007年136試合)4.86
2岩本義行(大洋)24(1952年120試合)5.00
3ラロッカ(広島)23(2004年122試合)5.30
3ガイエル(ヤクルト)23(2007年142試合)6.17
5城島健司(ダイエー)22(2004年116試合)5.27

 ラロッカが2度ランクイン。ラロッカは広島、ヤクルト、オリックスで活躍した助っ人外国人。オールスターでも死球を食らうなど、死球の多さが一種の売りになっていた。今年の青木は、2位の岩本義行に並ぶ可能性があるのだ。

 もともと青木は、体をぐっと沈めて投手の方に向かっていく打撃フォームで、NPB時代には2桁死球を5回記録している。しかし、MLBに移籍後は759試合で48死球。1死球に要する試合数は15.8と大幅に減っていた。これはNPBでは中軸打者だった青木が、MLBでは中軸を外れたことと関連があるだろう。MLBの投手は、本塁打の少ない青木に対しては警戒心が少なく、厳しい内角攻めも少なかったのではないか。

 NPBに復帰した今年、青木は1番が8試合、2番が22試合、3番が15試合、4番が17試合と中軸や上位を任されている。NPB投手は以前と同様、青木に対して厳しい内角攻めをするために、死球が急増しているのではないかと思われる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」