野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元燕助っ人ミレッジ、NPB経験を米メディアに語る「メジャーより10倍難しい」

元燕助っ人ミレッジ、NPB経験を米メディアに語る「メジャーより10倍難しい」

2012~15年にヤクルトでプレーしたラスティングス・ミレッジ氏が米メディアの取材に応じ、日本球界でのプレーについて「メジャーでプレーするより10倍難しい」と振り返っている。来日1年目には、主にリードオフマンとして打率.300、21本塁打の好成績を残した同氏だが、その後は成績が低迷して退団していた。

かつてヤクルトに所属し、メジャー時代はホワイトソックスなどで活躍したミレッジ氏【写真:Getty Images】
かつてヤクルトに所属し、メジャー時代はホワイトソックスなどで活躍したミレッジ氏【写真:Getty Images】

ヤクルトでは1年目に活躍も、その後は成績低迷「一番は文化の違い」

 2012~15年にヤクルトでプレーしたラスティングス・ミレッジ氏が米メディアの取材に応じ、日本球界でのプレーについて「メジャーでプレーするより10倍難しい」と振り返っている。来日1年目には、主にリードオフマンとして打率.300、21本塁打の好成績を残した同氏だが、その後は成績が低迷して退団していた。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 インタビューを掲載したのは「Mets Merized Online.com」。2003年のドラフト1巡目(全体12位)でメッツから指名を受け、プロのキャリアをスタートさせたミレッジ氏に直撃している。

 記事によると、ミレッジ氏は現在、2歳以上から受けられる野球塾を出身地でもあるフロリダ州ブラデントンの近くで2校運営しているという。日本での4年間について聞かれると、「日本でプレーするのはメジャーでプレーするのより10倍難しいこと」と断言。その理由として「一番は文化の違いかな。13時間の時差はとても大きな意味を持っているんだ。最初に日本に行った時に、慣れるまで大体半年かかったよ」と説明している。

 さらに、「期待度はものすごく高いし、メディアの扱いも大きかったね。なぜなら、自分は“州レベル”ではなく、国を背負わなければならないから。アジア出身の選手がメジャーに来る時にも同じことが言えるよ。オオタニ、タナカ、Dice-K(松坂)、ダルビッシュ。彼らのことを追っていたメディアの数のようにね」とも話したという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」