野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ワールドカップイヤーのパ・リーグは面白い!? なぜか大接戦になる優勝争い

6月14日にワールドカップが開幕し、数々の熱戦が繰り広げられてきた。日本代表が下馬評を覆す活躍を見せているということもあり、プロ野球ファンも4年に1度の祭典を楽しんでいるのではないだろうか。

今年も大混戦、最後までもつれるか

 2006年は8月が終了した時点で、日本ハムは首位・西武と2ゲーム差の3位だった。9月に入ると、西武は11勝8敗と勝ち越したが、日本ハムが14勝5敗の成績を残し、シーズン勝率1位でプレーオフに進出。ソフトバンクとの第2ステージでは、第2戦に稲葉篤紀氏が斉藤和巳氏から適時内野安打を放ってサヨナラ勝ちし、日本ハムがリーグ優勝を飾った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2010年はソフトバンクと西武の激しい優勝争いとなった。8月終了時点で首位だったソフトバンクは、9月2日の試合で敗れ、西武と入れ替わり2位に転落。それでも9月18日からの首位・西武との3連戦に3連勝しゲーム差は0.5に。9月23日の試合で首位に立つと、シーズン最終戦となった9月26日の楽天戦で黒星も、西武が敗れたため、リーグ優勝が決定。勝ち星は2位・西武がソフトバンクを上回る78勝を挙げたが、勝率の差でソフトバンクが王者となった。

 4年前の2014年は、ソフトバンクとオリックスが開幕から激しい首位争いを繰り広げていた。9月の中盤に入り首位を走っていたソフトバンクが失速すると、2位・オリックスに優勝マジックが点灯するという展開になった。しかし、10月2日に行われた直接対決で、松田宣浩内野手のサヨナラ適時打によりソフトバンクが勝利。見事3年ぶりのリーグ優勝を決めた。ちなみに、ソフトバンクは優勝直前の10試合は1勝9敗と負け越し、1992年のヤクルト以来、マジック点灯なしでの優勝だった。

 ワールドカップが開催されている今年は、ここまで西武が首位を走っているが、5位・ロッテまでわずか6ゲーム差。2010年、2014年のように最後までもつれる混戦のパ・リーグとなるだろうか。これまでの傾向からすれば、今年も最後まで楽しめる展開が期待できそうだ。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」