野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

硬式転向4年目で侍J女子代表入り 技巧派右腕に指揮官期待「秘密兵器になる」

「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(8月22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表の強化合宿が29日、新潟県新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で始まった。

初の代表入りとなった谷山莉奈【写真:石川加奈子】
初の代表入りとなった谷山莉奈【写真:石川加奈子】

初代表入りの谷山莉奈、昨季は女子プロ野球で最高防御率

「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(8月22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表の強化合宿が29日、新潟県新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で始まった。

一人の少女を支えた「侍ジャパン」への憧れ 6連覇中の女子代表・出口彩香の想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 代表選手20人の発表後初めての合宿。目を引いたのは、初めて代表入りした谷山莉奈投手(埼玉アストライア)だ。走者を置く特別ルールで行われた開志学園高との練習試合では7回に登板。無死一塁から狙い通りに打者3人を内野ゴロに打ち取った。

 直球の球速は115キロ前後ながら、カーブ、スライダー、シンカーを操り、抜群の制球力を誇る。プロ3年目の昨季、防御率1.59でタイトルを獲得して一躍脚光を浴びた。今季も防御率は2.01で、里綾実投手(愛知ディオーネ)らを抑えてトップに立っている。

「コントロールがめちゃめちゃいいし、ボールのキレが素晴らしい」と高く評価する橘田恵監督は、14年、16年大会でMVPを獲得した里とともに、投手陣の柱として考えている。さらに、国際大会が経験ないことが大きな強みになる。「海外の選手は知らない存在なのでダークホース。秘密兵器になる」と指揮官は期待している。

 硬式ボールを握って、まだ4年目という異色の右腕だ。春日部女子高時代はソフトボール選手、日体大時代は女子軟式野球部に所属していた。大学卒業後には海外青年協力隊を目指していたが、同期が女子プロ野球リーグの入団テストを受けると聞いて挑戦。見事合格した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」