野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

近鉄ドラ1のDNAを受け継ぐ新鋭 侍J女子日本代表最年少が走攻守で存在感

「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(8月22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表で、17歳の田端凜々花捕手(折尾愛真高)が奮闘している。先月29日から新潟県新潟市の「HARD OFF ECOスタジアム新潟」で行われている強化合宿では、捕手のほかに左翼も守り、強化試合では3試合でクリーンアップに座った。

侍ジャパン女子代表の強化合宿で奮闘している田端凜々花【写真:石川加奈子】
侍ジャパン女子代表の強化合宿で奮闘している田端凜々花【写真:石川加奈子】

中学時代は二塁手、高校入学後に本格的に捕手を務める

「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(8月22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表で、17歳の田端凜々花捕手(折尾愛真高)が奮闘している。先月29日から新潟県新潟市の「HARD OFF ECOスタジアム新潟」で行われている強化合宿では、捕手のほかに左翼も守り、強化試合では3試合でクリーンアップに座った。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「6番・捕手」で出場した30日のU18強化プログラムチーム(マドンナスターズ)戦、「5番・中堅」で出場した2日の開志学園高戦でともに先制打を放つなど勝負強さを見せている。

 2001年4月1日生まれで、代表に初選出された高3トリオの中でも最年少。選ばれたと知った時は「エー! 嘘やんと思いました」とあどけない顔をこぼしていた。トライアウトを初受験した時から憧れていたジャパンのユニホームに袖を通した今は「うれしいですし、重いです」と責任の重さを噛み締めている。

 福岡福津ボーイズでプレーしていた中学時代は二塁手。高校入学後に本格的に始めた捕手が楽しくて仕方がない。ワールドカップで2大会連続MVPに輝いた里綾実投手(愛知ディオーネ)や女子プロ野球リーグで防御率トップの谷山莉奈投手(埼玉アストライア)ら一流投手のボールを受け、木戸克彦ヘッドコーチから様々な技術論を教えてもらっているからだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」