野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元巨人クロマティ氏、軟式野球監督を引き受けたワケ 「日本に恩返しをしたい」

軟式野球の第4回MLBドリームカップ全国決勝トーナメントの出場権を懸けた都道府県予選、東京Aブロックの1、2回戦が15日、明治神宮軟式球場で行われ、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティ氏が率いるゼビオ選抜モントリオールエクスポズは、函南クラブに11-2で4回コールド勝ちした。

ゼビオ選抜のウォーレン・クロマティ監督(左)、桑田パイレーツの桑田真澄監督【写真:荒川祐史】
ゼビオ選抜のウォーレン・クロマティ監督(左)、桑田パイレーツの桑田真澄監督【写真:荒川祐史】

桑田氏との思い出は「後ろから思いっ切り抱きしめてくれて」

 軟式野球の第4回MLBドリームカップ全国決勝トーナメントの出場権を懸けた都道府県予選、東京Aブロックの1、2回戦が15日、明治神宮軟式球場で行われ、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティ氏が率いるゼビオ選抜モントリオールエクスポズは、函南クラブに11-2で4回コールド勝ちした。

 クロマティ氏が軟式野球チーム、ゼビオ選抜モントリオールエクスポズの指揮官に就任した理由は、日本を第2の故郷と慕っているからだった。

「ジャイアンツでプレーしていた頃、本当に大勢のファンに応援してもらった。日本に恩返しをしたいという強い気持ちがあり、このオファーを引き受けたんだ」

 巨人時代と全く変わらぬ人懐っこい笑顔を振りまきながら、身振り手振りを交えながらいきさつを解説してみせた。クロマティ氏の一番の思い出について、桑田氏が触れた「笑顔と野球を楽しむ姿勢」が、言葉の端々からにじみ出ていた。

 チームが大勝したことにも「選手が楽しそうに、生き生きとプレーしてくれたことが一番うれしいよ」と顔をくちゃくちゃにして話した。この表情も往時のままだ。

 桑田氏との忘れられない出来事を尋ねると、「(90年6月の)広島戦で桑田が二塁にいて僕が敬遠のボールを打ってサヨナラヒットにしたんだ。桑田が後ろから思いっ切り抱きしめてくれてね。あれは忘れられない」と、満面の笑みで当時を振り返っていた。

(河野正 / Tadashi Kawano)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」