野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マーリンズ捕手が“イチローロス“明かす「最高の人格者」「彼の不在は大きい」

マーリンズ捕手が“イチローロス“明かす「最高の人格者」「彼の不在は大きい」

マーリンズは昨オフ、次々に主力を放出するファイアーセールに打って出た。主砲で昨季ナ・リーグMVPのジャンカルロ・スタントン外野手はヤンキース、マルセロ・オズナ外野手はカージナルス、クリスチャン・イエリッチ外野手はブルワーズ、不動のリードオフマンだったディー・ゴードン内野手はマリナーズにそれぞれ移籍した。

オールスター前の会見に臨んだマーリンズのJT・リアルミュート【写真:編集部】
オールスター前の会見に臨んだマーリンズのJT・リアルミュート【写真:編集部】

「あとで振り返っても、イチローと過ごした日々は貴重だと感じるだろう」

「実績のある仲間がいなくなってしまった。それで、クラブハウスでの自分の役割が変わったとは思わない。自分はポジション柄、リーダー的な役割は少なからず昨季以前から託されてきた。若手をけん引していきたい意識は高まったけれど」

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 こう語ったリアルミュートだが、“損失”の大きさを感じている選手が3人いるという。イエリッチ、スタントン、そして、イチローだ。

「彼の不在は大きいよ。クラブハウスですごく大きな存在だった。みんなを気にかけて、クラブハウスを盛り上げてくれる最高の人格者だった。みんな若手は彼の一挙手一投足から学んでいた。最高の手本がいなくなってしまった。本当に寂しいんだ」

 背番号51は古巣マリナーズに移籍。今季中は公式戦に出場しないことが決まっている。初のオールスター選出を果たしたリアルミュートは、そんなレジェンドから多くを学んだという。

「彼の日々のトレーニング、試合に対する準備は最高の規範だった。僕のやり方とは違うけれど、いかに日々過ごすのか。プロフェッショナルである部分を体現してくれた。あとで振り返っても、イチローと過ごした日々は貴重だと感じることだろう」

 シアトルに凱旋したイチローの流儀はファイアーセールで解体状態となったマーリンズにもまだ息づいているようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」