野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • トレードは選手にプラス、マイナス? 経験者が語る“戸惑い”と“学んだこと”

トレードは選手にプラス、マイナス? 経験者が語る“戸惑い”と“学んだこと”

補強期限となる7月終了まで残りわずか。今季はここまで3月に阪神・榎田大樹投手と西武・岡本洋介投手、4月に金銭トレードで日本ハムの市川友也捕手がソフトバンクへ。そして今月はオリックスの伊藤光捕手、赤間謙投手とDeNAの高城俊人、白崎浩之内野手のトレード、また広島・美間優槻内野手とソフトバンク・曽根海成内野手のトレードが行われた。開幕直前、シーズン中と選手にとっては予期せぬ移籍となるため、心理的な影響も少なくない。現役時代にトレードを経験した原拓也さんに当時の心境を語ってもらった。

西武・オリックスで活躍した原拓也氏【写真:荒川祐史】
西武・オリックスで活躍した原拓也氏【写真:荒川祐史】

元西武&オリックスの原拓也さんに聞くトレード秘話

 補強期限となる7月終了まで残りわずか。今季はここまで3月に阪神・榎田大樹投手と西武・岡本洋介投手、4月に金銭トレードで日本ハムの市川友也捕手がソフトバンクへ。そして今月はオリックスの伊藤光捕手、赤間謙投手とDeNAの高城俊人、白崎浩之内野手のトレード、また広島・美間優槻内野手とソフトバンク・曽根海成内野手のトレードが行われた。開幕直前、シーズン中と選手にとっては予期せぬ移籍となるため、心理的な影響も少なくない。現役時代にトレードを経験した原拓也さんに当時の心境を語ってもらった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武、オリックスで活躍し、2016年にユニホームを脱いだ原さん。現在は東大阪市内の野球塾「ブリスフィールド東大阪スポーツアカデミー・ベースボールスクール」で子供たちに指導を続けている。そんな原さんは西武時代の2012年オフにトレードを経験した。

「あの時は中島宏之さん(現オリックス)が海外に挑戦することが決まっていたので、遊撃のポジションを何とか取る気持ちでいっぱいでした。当時は秋のキャンプを西武ドームでやっていて、休みの日に家にいた時に突然球団から電話があって。『明日スーツで球場にきてくれるか?』と。“初めはクビになるの?”って感じでした」

 球団からの電話を終えるとチームメートの中島、栗山にすぐさま連絡を取った。2012年に1軍で86試合に出場していたこともあり、先輩2人からは「原ちゃん、それトレードやん……」と言われ、我に返ったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」