野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「選手はどこ向いてる?」―若手が伸び悩む阪神、山崎武司氏が指摘する問題点

セ・パともに空前の大混戦が続いているプロ野球。セ・リーグでは首位広島が独走しているものの、2位以下は団子状態となっている。昨季2位の阪神は現在5位に沈み、借金は6。一時は単独最下位に転落するなど、波に乗り切れていない。

阪神・金本監督【写真:荒川祐史】
阪神・金本監督【写真:荒川祐史】

金本監督は次々と若手を起用も…「恐怖感との戦いで若い選手が試合をやっている」

 セ・パともに空前の大混戦が続いているプロ野球。セ・リーグでは首位広島が独走しているものの、2位以下は団子状態となっている。昨季2位の阪神は現在5位に沈み、借金は6。一時は単独最下位に転落するなど、波に乗り切れていない。

 金本知憲監督は今季で3年目。就任当初から若手を積極的に起用し、「超変革」として話題となったが、期待していた選手たちが伸び悩んでいる。その理由について、現役時代に通算403本塁打を放った野球解説者の山崎武司氏は「若手が恐怖感と戦ってしまっている」と指摘。「もうプレッシャーを与えてやる時代じゃない」と話している。

 山崎氏はまず、阪神が乗り切れない理由について、「まあ打たんよね」と打線に問題があると分析。「金本監督は『代打オレ』と言ったほうがいいんじゃないか」と冗談交じりに語った。そのうえで、若手を我慢して起用することも必要だと説いている。

「金本監督は若手をめちゃくちゃ使うけど、飽きちゃうんだよね。全体的に若手のレベルはそれなりに上がっていると思うんだけど、1軍で戦えるメンバーとしてアベレージがあるかというと、全然ない。なぜかというと、『2軍に行かされる』『監督に怒られる』という恐怖感で若い選手がやっているから。

 チームの雰囲気がある意味でピリピリするのはいいんだけど、恐怖感との戦いで若い選手が試合をやっている。どこ向いて戦ってるの、という感じに見える。ご機嫌うかがいをして、試合をしているという状況になってるね、見ていて」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」