野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • プロ契約は16人超…ベネズエラの名門エスコバー家の“長”が語る野球愛

プロ契約は16人超…ベネズエラの名門エスコバー家の“長”が語る野球愛

メジャーでは2世選手や3世選手の存在は珍しくない。選手の絶対数が日本より多いこともあるが、野球選手の父が子供を球場に連れてくることは日常茶飯事。幼い頃からクラブハウスの中で過ごし、試合の前後にグラウンドでキャッチボールに興じる子供たちは、自然と父の背中を追いかけるのだろう。

DeNAのエドウィン・エスコバーの父ホセ・エスコバー氏【写真:編集部】
DeNAのエドウィン・エスコバーの父ホセ・エスコバー氏【写真:編集部】

DeNA左腕エドウィンの父ホセ氏、自身もインディアンスでプレー

 メジャーでは2世選手や3世選手の存在は珍しくない。選手の絶対数が日本より多いこともあるが、野球選手の父が子供を球場に連れてくることは日常茶飯事。幼い頃からクラブハウスの中で過ごし、試合の前後にグラウンドでキャッチボールに興じる子供たちは、自然と父の背中を追いかけるのだろう。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 こうやって「ベースボール・ファミリー」のDNAは父から子に脈々と受け継がれていくわけだが、野球大国ベネズエラで屈指の「ベースボール・ファミリー」として名を轟かせているのが、DeNAの救援左腕、エドウィン・エスコバーを輩出したファミリーだ。その中心人物とも言えるのが、エドウィンの父ホセ氏。7月上旬まで日本に滞在していたホセ氏を直撃インタビューした。

 ファミリーが拠点とするのは、ベネズエラの北部、ラ・グアイラというカリブ海に程近い街だ。

「我がファミリーの男連中が集まると、会話の85%は野球の話だ。食事をしていても野球、ビーチへ行っても野球、野球、野球、野球(笑)。人生そのもの、いや私たちの体の一部だから、野球は切っても切り離せないんだ」

 そう語るホセ氏自身、メジャーリーグでのプレー経験を持つ遊撃手だった。1979年からマイナーで11年を過ごした後、1991年4月13日にインディアンスでメジャーデビュー。わずか10試合の出場にとどまったが、地元で知られたベースボール・ファミリーで最初にメジャーの舞台に立った人物でもある。

「メジャーでのデビュー戦は今でも覚えている。レッドソックス戦でフェンウェイパークが舞台だったんだ。その日は守備固めで打席には立たなかったけど、歴史ある球場に立てた時の感動は忘れないよ。

 初めてのヒットは、クリーブランドに戻ってからのロイヤルズ戦だった。救援のルイス・アキーノから左中間に飛ばしたヒットで打点もついたんだ。10年間マイナーでやった甲斐があったと、心から思えた瞬間だったよ」

 ちなみに、初ヒットを打った試合でインディアンスの先発マウンドに立ったのは、現在エンゼルスで投手コーチを務めるチャールズ・ナギーだった。ロイヤルズには、殿堂選手のジョージ・ブレットやカーク・ギブソンが名を連ねていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」