野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトボール世界選手権開幕、日本は快勝発進 宇津木監督「目指すは優勝のみ」

ソフトボールの第16回WSBC世界女子選手権が2日、開幕。日本は開幕戦でイタリアに9-0で6回コールド勝ちした。

無失点リレーをみせた藤田倭(左)と上野由岐子【写真:荒川祐史】
無失点リレーをみせた藤田倭(左)と上野由岐子【写真:荒川祐史】

日本での開催は20年ぶり、開幕戦はイタリアにコールド勝ち

 ソフトボールの第16回WSBC世界女子選手権が2日、開幕。日本は開幕戦でイタリアに9-0で6回コールド勝ちした。

 日本で世界選手権が開催されるのは20年ぶり。12日までの日程で、開催国日本(世界ランク2位)を含め、世界ランク1位のアメリカ、同3位のカナダなど16チームで争われる。

 習志野市の第一カッター球場(秋津野球場)、成田市のナスパ・スタジアム、市原市のゼットエーボールパーク、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われ、予選リーグ(8日まで)は世界16か国・地域をA、Bの2ブロックに分け、1回総当たり戦。決勝トーナメントは上位4チームで争われる。

 開会式はこの日の午後6時半から成田市のナスパ・スタジアムで行われ、森田健作千葉県知事らが出席。鈴木大地スポーツ庁長官も駆けつけて、日本チームを激励した。日本チームの山田恵里主将が力強く選手宣誓を行い、その後に同会場で日本-イタリアの開幕戦が行われて、11日間の熱戦の火ぶたが切って落とされた。

「目指すところは優勝しかない」(宇津木麗華監督)と2大会ぶり4度目の優勝を目指すB組の日本。今大会は2020年東京五輪予選も兼ねており、開催国枠の日本を除く最上位チームに東京五輪の出場権が与えられる。過去10度の世界一を誇る米国と日本の勝負が注目される。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」