野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 花咲徳栄、昨夏覇者の底力で初戦突破! ”スーパー1年生”井上が鮮やか逆転打

花咲徳栄、昨夏覇者の底力で初戦突破! ”スーパー1年生”井上が鮮やか逆転打

第100回全国高等学校野球選手権記念大会第4回第4試合で、昨夏の覇者・花咲徳栄(北埼玉)が登場。鳴門(徳島)に苦戦しながらも8回に逆転、8-5で勝利した。

花咲徳栄が終盤に集中打で逆転勝利
花咲徳栄が終盤に集中打で逆転勝利

野村、強烈ソロ弾など2安打3打点!

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第4回第4試合で、昨夏の覇者・花咲徳栄(北埼玉)が登場。鳴門(徳島)に苦戦しながらも8回に逆転、8-5で勝利した。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 エースで4番の野村佑希が立ち上がり、不安定なところを鳴門打線につかまり、1回2死から3連打を浴びて先制を許す。2回にも2四球や暴投もからんで2点を失った。野村は4回に強烈な当たりで左翼席へ飛んでいくソロ本塁打を放つなど、7回までに2点を返したものの、思い切って内角を突いてくる鳴門の2年生左腕・西野に手を焼き、試合は8回へ。

 しかし、ここで花咲徳栄打線が目を覚ました。2死一、二塁から6番・倉持の右前適時打で1点差に詰め寄ると、なお一、二塁から「7番・右翼」で先発出場していた1年生の井上朋也が右翼線に2点適時二塁打を放って一気に逆転した。9回にも無死満塁から犠飛で1点を加えると、さらに一、三塁から野村が右中間を破る2点適時二塁打を放って突き放した。

 終わってみれば、花咲徳栄は先発全員の13安打。追い込まれたかに見えても、決して負けない底力を見せつけての1回戦となった。野村は2安打1本塁打3打点、井上は3安打2打点の活躍だった。

 鳴門は、西野が内角攻めとスライダー、チェンジアップをコーナーに散らすピッチングで粘ったが、じわじわと圧力をかける花咲徳栄打線の迫力に屈した。打線も立ち直った野村の前に3回以降追加点が取れず、9回に1死二、三塁から内野ゴロの間に1点を返すにとどまった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」