野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 広島に“不足”する左腕、鍵握る3投手 OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

広島に“不足”する左腕、鍵握る3投手 OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

投手力の優れたチームは強い。躍進を続けるカープにも強固な投手陣が存在する。しかし現状、先発の左腕不足はどうしても否めない。そんな中で将来性豊富なレフティが着々と現れ始めている。

期待を寄せられる広島の2年目左腕・高橋昂也【写真:荒川祐史】
期待を寄せられる広島の2年目左腕・高橋昂也【写真:荒川祐史】

かつて川口和久氏との左腕2枚看板を築いた大野氏「左腕不足といえばそう」

 投手力の優れたチームは強い。躍進を続けるカープにも強固な投手陣が存在する。しかし現状、先発の左腕不足はどうしても否めない。そんな中で将来性豊富なレフティが着々と現れ始めている。

「野村(祐輔)や大瀬良(大地)、岡田(明丈)を中心にしっかりとした右投手中心のローテーションは組めていると思う。結果も出ている。でも現在、左投手で安心して任せられるのはクリス・ジョンソンだけ。よく言われるように左腕不足といえばそう。それに左投手はやはり有利だからね。絶対的な数が少ないから、子供の頃から練習も含め打者は対戦する機会が少ないしね」

 そう語るのは広島OBで投手コーチも経験した大野豊氏。現役時代は先発、抑えのどちらも経験し、プロ通算148勝138セーブという素晴らしい成績を残した。同時代の広島には川口和久(プロ通算139勝)もおり、安定感抜群の左腕2枚看板として黄金時代を支えた。

 リーグ独走を続ける広島は、ローテーションを6人で回すことが多い。右投手の野村、大瀬良、岡田、九里亜蓮。左投手のクリス・ジョンソンにもう1人。17年に15勝を挙げた勝ち頭の薮田和樹が不調で1軍にいなくとも、ローテーションを組め試合を作れている。

 広島投手陣でのエース格は左腕ジョンソンだろう。15年の広島入団から2年連続2桁勝利。15年は最優秀防御率賞を獲得し、16年は沢村賞のタイトルを受賞。18年も夫人の出産などで一時帰国などはあったが、コンスタントに勝ち星を重ね絶大な安定感を誇る。

「ローテーションを守るのは簡単なことではない。1試合や2試合ならば、そこだけに集中すれば良い。でもプロの場合は年間を通じてシーズンは長い。肉体的にも精神的にもタフな状態な時は必ずある。そういう時にいかに普段に近い状態でマウンドに上がることができるか。勝ち試合の後でもできるだけ早く切り替えるようにしている」

「広島に左腕が不足しているという話は聞く。でも存在能力が高い素晴らしい若手もたくさんいる。今、先発に入っている高橋や中村恭平もそうだよね。持っている球は素晴らしい。僕より速いボールを投げるしね。あとは経験や自信の部分だと思う。結果が出てくれば、自分なりの調整方法などもわかってくる。いろいろとトライして自分に最も適したものを見つけ出してほしい」(いずれもジョンソン)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」