野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • パ・リーグ新人王争いは大混戦の様相 投打の2年目が一歩リードか?

パ・リーグ新人王争いは大混戦の様相 投打の2年目が一歩リードか?

パ・リーグの新人王は誰が受賞するのか最後まで分からなくなってきた。

ロッテ・藤岡裕大、オリックス・山本由伸、ソフトバンク・加治屋蓮(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・藤岡裕大、オリックス・山本由伸、ソフトバンク・加治屋蓮(左から)【写真:荒川祐史】

大本命・オリックス田嶋の離脱で混戦模様か

 パ・リーグの新人王は誰が受賞するのか最後まで分からなくなってきた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 オリックスのドラフト1位ルーキー・田嶋大樹投手が6月の段階で6勝をマーク。この勢いで2桁勝利を挙げ、新人王間違いなしかと思われた。しかし、故障で6月24日の福岡ソフトバンク戦の登板を最後に1軍登板なし。新人王争いから一歩後退したと言ってもいい。

 田嶋とチームメートの2年目・山本由伸投手は、開幕直後にリリーフに転向すると、守護神・増井浩俊投手につなぐセットアッパーを務め、ホールドを稼いでいく。5月と6月は26試合に登板して18ホールドを挙げ、7月終了時点で25ホールド。2年目の山本投手も新人王候補の本命に躍り出たが、8月は9試合に登板して防御率5.79と、やや失速気味。ホールド数、ホールドポイントのランキングでも長い期間トップに立っていたが、現在は日本ハム・宮西尚生投手に抜かれて2位となっている。

 山本投手と同じ2年目の楽天・田中和基選手も新人王候補の1人だ。開幕1軍の切符をつかんだが、4月5日に1軍登録抹消。約1か月半の2軍調整で、打撃フォームをノーステップ打法に変更した。これが功を奏し、5月23日に1軍再昇格を果たすと、5月26日のソフトバンク戦から11試合連続安打を放つなど、レギュラーに定着。規定打席にこそ到達していないが、打率は.287をマークし、16本塁打。茂木栄五郎選手が持つ球団の生え抜きシーズン最多本塁打(17本)にあと1本と迫っている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」