野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

試合前のアクシデントに泣いた好素材 西鉄全盛期を支えた故・田辺義三氏

9月12日、西鉄ライオンズの全盛期に控え選手としてチームに貢献した田辺義三氏が死去した。81歳だった。

田辺義三氏のこれまでの成績
田辺義三氏のこれまでの成績

春の選抜準優勝、大型捕手として鳴り物入りで西鉄入団

 9月12日、西鉄ライオンズの全盛期に控え選手としてチームに貢献した田辺義三氏が死去した。81歳だった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 田辺氏は1937年4月12日生まれ。長嶋茂雄、野村克也より2学年下。群馬県立桐生高校時代に春の甲子園に捕手として出場、準優勝を果たす。

 身長174センチは当時としては大型で、高校屈指の強打の捕手として中日、大映、東映、大洋などが獲得合戦を繰り広げたが、1956年に西鉄ライオンズへ入団。小倉高校時代に甲子園で準優勝投手となり、これも争奪戦の末に入団した畑隆幸とともに「黄金のバッテリー誕生」と騒がれた。

 のちの大投手、稲尾和久も別府緑丘高を出てこの年に入団したが、この時は全くの無名だった。

 当時の西鉄には、戦前からマスクをかぶる日比野武という捕手がいたが、後釜を田辺と久保山誠、和田博美の3人の若手捕手が争っていた。

 高校屈指の名捕手で肩もいい田辺は後継一番手と目されたが、翌年キャンプで三原脩監督が総合的な守備力を判断し、和田を正捕手に抜擢した。

 田辺は控え捕手に甘んじたが、59年に中日から河合保彦が加入したため、外野手にコンバートされた。

 さらに1962年には一塁手にコンバートされ、この年、キャリア最多の94試合に出場する。この年からプレイングマネージャーになった中西太は、守備が良く、打撃センスもいい田辺を正一塁手に固定するつもりだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」