野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

イートファクトリーが硬式野球部創設 SAの元日ハムヘッド阿井氏が抱く思い

大阪を中心に大阪屋台居酒屋「満マル」や「山ちゃん」、ベトナム屋台酒場「デンロン」を国内外で70店舗展開する「イートファクトリー」が、硬式野球クラブを創設することになった。

シニアアドバイザーの阿井英二郎氏
シニアアドバイザーの阿井英二郎氏

11月23日に第1期生のセレクション「いろんなもの、気持ちを持った選手が集まってくれれば」

 大阪を中心に大阪屋台居酒屋「満マル」や「山ちゃん」、ベトナム屋台酒場「デンロン」を国内外で70店舗展開する「イートファクトリー」が、硬式野球クラブを創設することになった。元プロ野球選手の阿井英二郎氏がシニアアドバイザー(SA)、大島公一氏がアドバイザーを務め、今月12日に第1期生の募集を開始。まずは11月23日に大阪で「セレクション&チーム説明会&懇親会」を行う。

 同社は来年4月1日に硬式野球部「イートファクトリーベースボールクラブ(愛称:満マルビリケンズ)」を結成する予定。選手はクラブ在籍中は時給制の契約社員(契約期間1年)となり、将来の都市対抗野球優勝を「壮大、かつ無謀な目標」に掲げてスタートを切る。

 シニアアドバイザーの阿井氏は「野球をやってきた中には、途中で自分の意思と反して野球をやめてしまった選手が多いと思います。生活的に苦しいとか、その野球部に合わなかったとか、そんな選手がすごく多くいます。そういう選手が集まってくれるといいなと思っています」と話す。「もう1回好きな野球をやりたい」。そんな思いを持ったプレーヤーを待っている。

 都市対抗野球優勝を目標に掲げているものの、だからといって、一定のレベルを越えた選手だけを集めたいわけではない。阿井氏は「大きな、大きな、大きな目標を掲げながら、ゼロ、もしくはマイナスのところから(のスタート)でいいんです。本当に上手い選手が集まってくれる必要もない。いろんなもの、気持ちを持った選手が集まってくれればいいなと。どのくらい時間がかかるか分からないですが、そういうところからこういうチームができたんだよと振り返ることができればいいですね」と言う。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」