野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

女子プロ野球は10月7日から女王決定戦 京都フローラの“成長株”「心は1つ」

日本女子プロ野球リーグ(JWBL)は今季、京都フローラが3年ぶりにヴィクトリアシリーズ優勝を飾った。10月7、8日に埼玉・川口市営球場で行われる女王決定戦では1勝のアドバンテージを持ち、2位の愛知ディオーネを迎え撃つことになる。

京都フローラ・村松珠希【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
京都フローラ・村松珠希【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

ヴィクトリアシリーズ制覇の京都、正捕手の村松は“覚醒“の1年に

 日本女子プロ野球リーグ(JWBL)は今季、京都フローラが3年ぶりにヴィクトリアシリーズ優勝を飾った。10月7、8日に埼玉・川口市営球場で行われる女王決定戦では1勝のアドバンテージを持ち、2位の愛知ディオーネを迎え撃つことになる。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今季は42試合で22勝14敗6分と強さを見せ、優勝を決めた京都フローラ。リーグトップの打率.318、197得点、5本塁打と高い攻撃力で埼玉アストライア、愛知ディオーネを上回り、チーム防御率3.25も1位。若い力で躍進したが、その象徴的存在となったのが、加入1年目で正捕手を務めた村松珠希だ。福知山成美高から2016年に育成チームのレイアに入団し、今季から京都フローラでプレー。持ち味の強肩に加え、124打数42安打の打率.339、18打点と打撃でも目覚ましい成長を見せてヴィクトリアシリーズ制覇に大きく貢献した。

 主に6番を打った村松は「今年のフローラは1~5番までがすごい数字を残しています。4番のキャプテン(岩谷美里)がそれまでのバッターを返してくれて、(自分も)出たランナーを返そうと思って打ってるというのもありました。そんなに数字は気にしてないんですけど」と話す。レイアでは、16年は打率.200、17年は打率.154だっただけに、まさに“覚醒”の1年となった。

「去年まではバッティングを期待される選手じゃなかったので、今、川口監督にすごく指導していただいて、打席で思い切りやらせていただいているので。何も考えずに自分のすることだけを打席で考えて振れているので、ヒットを打てているのかなと」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」