野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルら不調で184億円超が「無駄に」!? カブス幹部、来季へ「厚み持たせたい」

ダルら不調で184億円超が「無駄に」!? カブス幹部、来季へ「厚み持たせたい」

2016年にワールドシリーズ制覇を果たしたカブスは今季、ワイルドカードゲームで無念の敗退となった。地区優勝目前まで迫りながら、ブルワーズに並ばれ、ワンデープレーオフで敗戦。さらに、ワイルドカードゲームではロッキーズに延長13回の熱戦の末に敗れた。

ダルビッシュ復活は「本当に、本当に楽しみ」も…

 まずは、今季途中にレンジャーズからトレードで獲得した左腕コール・ハメルズの1年2000万ドル(約22億7400万円)での契約オプションを行使するだろうと予想。ベテラン左腕はカブス加入後に12試合登板で4勝3敗、防御率2.36という好成績を残しており、エプスタイン氏は「彼は間違いなく今後もいてほしい選手だ」と話しているという。となると、先発候補は、レスター、ヘンドリクス、キンタナ、ダルビッシュ、ハメルズ、チャットウッドに、現有戦力のスマイリー、モンゴメリーらを加えて8人程度となり、特集では「次のシーズンが始まる時に全員戻ってきて、チャットウッドが移籍しなければ、カブスは球団史上断トツで最も高額なローテーションとなり、たぶん最も厚みもある」と言及している。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 もっとも、契約を5年残すダルビッシュの復活は必要不可欠。エプスタイン氏は同紙の取材に対して「我々は健康で影響力の強いユウ・ダルビッシュが戻ってくるのを本当に、本当に楽しみにしている」と答えている。一方で、「しかし、厚みも代替策も必要だ。なぜなら、今年と同じ道を辿ってしまったら、シーズンが台無しになってしまう。それは自分の責任であるし、我々の責任でもある」とも言及。今年の“過ち”は繰り返さないつもりだ。

「我々はダルビッシュが復帰できることを望んでいたが、最終的にはできなかった。それがコール・ハメルズを獲得した理由の1つであるだ。そして、我々のローテーションは強みとなった。今冬も同じアプローチをしなければならない。私はダルビッシュが健康となり、与えられた役割を果たし、多くの打者を空振りに仕留め、本当に素晴らしい先発投手の1人となってくれると、心の底から期待している。しかし、もし何らかの理由で誰かに何かがあった時に、1人の怪我でシーズンが左右されるようなことになってはいけない」

 3年ぶりに世界一へ、敏腕で知られる強化責任者はすでにあらゆることを想定し、構想を練っているようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」